【宮ヶ瀬湖(みやがせこ)】 あいかわ公園で遊び、宮ケ瀬ダムを見学! 宮ヶ瀬イルミネーションも見た。宮ヶ瀬ダムハイキングパスがお得

今日は、神奈川県愛川町にある「宮ヶ瀬湖(みやがせこ)」を紹介します。

レジャー記

(このレジャー記は、2012年と2019年に遊びに行った時のものです。)

宮ケ瀬湖(みやがせこ)は、神奈川県の西部にあります。

 

宮ケ瀬湖へ、小田急線を利用していく場合、「宮ヶ瀬ダムハイキングパス」というお得な切符があります。宮ヶ瀬ダムハイキングパスは、駅券売機や、窓口で購入可能。

宮ケ瀬湖は3つのエリアに分かれています。

  1. 東部のダムサイトエリア・・・あいかわ公園があります。インクラインに乗ったり、ダムの放流が見れます。【あいかわ公園 工芸工房村】では藍染などの様々な体験ができます。
  2. 西部の鳥居原エリア・・・11月ごろドウダンツツジが綺麗です。ふれあいの館で野菜などを買うことができます。
  3. 南部の宮ヶ瀬湖畔エリア・・・大きなモミの木と噴水、広場があり、クリスマスイルミネーションが行われます。

 

一番遊べるのは「ダムサイトエリア」です。

 

ダムサイトエリアには「あいかわ公園」があるので、小学生くらいの子供が遊べる遊具がたくさんあり、冒険の森遊具の利用対象年齢は6才から12才。

3歳から利用できるのは、滑り台とフワフワドームの2つです。

 

 


冒険の森、巨大ツリー。

 

 

ローラー滑り台。

他にも壁の迷宮、ターザンライド、林間アスレチックがあります。私達が訪れた時、一番人気だったのはターザンライドで行列が出来ていました。(利用は六歳から)

公園の遊具は中学生以上の利用は不可で、未就学児の遊びには保護者の付き添いが必要です。

 

 

子供広場のふわふわドーム。
利用時間は、4月~9月 9時~16時30分。10月~翌3月 9時~15時30分です。
大きい二つ山のドームは小学生以上、小さい一つ山のドームは3歳から6歳です。
中学生以上の利用はできません。

利用人数が多い混雑時は、10分総入替え制とする場合があるようです。

 

夏季はジャブジャブ池や噴水で水遊びもできます。

 

 

(スポンサーリンク)

地上波が報じない
世界のタブー
「日本人が知っておくべき世界の裏側」
全6講義セットを今なら無料でプレゼント
*439人のレビューで平均満足度4.7*

著書80冊以上の会員制レポートを発行する
国際政治学者のビデオ講座が、今なら無料

無料で手に入れる

 

パークセンター内では、無料で組紐体験ができました。

くるくる回すと、糸が組み合わさって綺麗な紐ができます。1人一本30センチまでです。

 

愛川町郷土資料館は無料で入れる資料館で、古代象の化石標本(レプリカ)があります。他にも、お祭りの展示や、修験者の展示もあるそうです。

工芸工房村では「藍染め」「機織り」「紙漉き」「陶芸」「木竹工」などが体験でき、軽飲食コーナーもあるようです。

→→【あいかわ公園 工芸工房村】 初めての紙すき体験! 機織り、藍染、陶芸、木竹工もできる!

 

(スポンサーリンク)

地上波が報じない
世界のタブー
「日本人が知っておくべき世界の裏側」
全6講義セットを今なら無料でプレゼント
*439人のレビューで平均満足度4.7*

著書80冊以上の会員制レポートを発行する
国際政治学者のビデオ講座が、今なら無料

無料で手に入れる

 

次は宮ケ瀬ダムへ。

あまり歩きたくない方は、ロードトレイン愛ちゃん号に乗りましょう。ただ、愛ちゃん号は本数があまり多くないので、乗りたい方は時間をチェックしましょう。

中学生以上の大人片道300円、小学生片道200円、幼児100円です。

 

走行中の景色。ダムから流れる川の色がエメラルドグリーン。

 

巨大な城壁のようですね。

この壁で水をせき止めています。

 

見上げていると首が痛くなります・・・。

 

 

宮ヶ瀬ダムは4月から11月の毎週水曜日、毎月第2日曜日、毎月第2、第4金曜日に、6分間の観光放流を行っています。

午前11時からと、午後2時からの二回だそうです。(年間70回の観光放流)

12月、1月、2月、3月は、観光放流は行われません。

 

 

宮ヶ瀬ダムには、「インクライン」という有料ケーブルカー(大人往復500円、片道300円)があり、堤体頂上へ行けます。

 

インクラインを利用しなくても、階段を上って上がれます。

【東京タワー 階段で上る】よりも段数が少ない。体力に自信のある方はどうぞ!

 

(スポンサーリンク)

地上波が報じない
世界のタブー
「日本人が知っておくべき世界の裏側」
全6講義セットを今なら無料でプレゼント
*439人のレビューで平均満足度4.7*

著書80冊以上の会員制レポートを発行する
国際政治学者のビデオ講座が、今なら無料

無料で手に入れる

 

私達は子連れなので、ダム内の無料エレベーターで上がることにしました。エレベーターの運転時間は9:00~17:15。高低差120mです。

工場の搬入路みたいな雰囲気の道を通って、乗ります。

何気にこの道はとっても寒いです!

というのも、エレベーターへの通路はダム湖の深い所にあり、7度くらいの水で冷やされているため。通路は年中15度前後なのだそうです。

 

ダム内のエレベーターは窓が無いので、

「・・・・・・・・・・このエレベーター、長いなー」

という感想しかありません。

景色を楽しみたい方は、ぜひお金を払ってインクラインに乗りましょう。

インクラインは勾配が35度です。

あの日本一勾配のある高尾山ケーブルカー(31度18分)よりも、まだ急な勾配!

(インクラインは鉄道ではないので、日本一のケーブルカーとはならないそうです)

 

(スポンサーリンク)

地上波が報じない
世界のタブー
「日本人が知っておくべき世界の裏側」
全6講義セットを今なら無料でプレゼント
*439人のレビューで平均満足度4.7*

著書80冊以上の会員制レポートを発行する
国際政治学者のビデオ講座が、今なら無料

無料で手に入れる

 

 

エレベーターで堤体頂上に到着!

なんと、ダムの上はこんなに広いのです!

 

 

 

 

ダムは下から見上げたら巨大建造物で圧倒されますが、上がってみれば普通に湖と堤防です。

 

 

 

ダム上流は湖ですが、下流側は目もくらむような景色!

高所恐怖症の方は目まいがするかも・・・。

 

ちなみに、宮ケ瀬ダム建設前はこのような風景でした!

人間の建築技術ってすごいですね~~!!!

 

 

宮ヶ瀬ダムについて、ウィキペディアから抜粋

ダムの目的は中津川・相模川中下流部の洪水調節、沿岸農地への慣行水利権分の農業用水補給・中津川における河川生態系保全のための河川維持放流を目的とした不特定利水、横浜市・川崎市・相模原市等神奈川県全体の2/3の地域、県人口の90%への上水道供給、直下流に併設された神奈川県企業庁の愛川第一発電所による最大出力24,000kWの水力発電である。

 

奈川県民の大切な水がめですね。

 

 

近くには入館無料の「水とエネルギー館」があり、軽食をとったり、お土産が買えます。

 

名物はダムカレー! ソーセージを引き抜くとカレーが放流されるのだ!(ダムカレーは全国にあるそうです。千葉県の【亀山ダム】でダムカレーを食べた)

 

水とエネルギー館の資料展示。小さな子供用に塗り絵コーナーもありました。

 

(スポンサーリンク)

地上波が報じない
世界のタブー
「日本人が知っておくべき世界の裏側」
全6講義セットを今なら無料でプレゼント
*439人のレビューで平均満足度4.7*

著書80冊以上の会員制レポートを発行する
国際政治学者のビデオ講座が、今なら無料

無料で手に入れる

 

その後、私達は無料シャトルバスに乗って(2012年に乗った)、ダムサイトエリアから宮ヶ瀬湖畔エリアに移動しました。宮ヶ瀬湖シャトルバスは運行日数が限られているため、訪れる前に必ず調べてください

無料シャトルバスが運行されていない場合、有料の遊覧船ミーヤ号で各サイトをまわることになります。ダムサイトエリアから宮ケ瀬湖畔へのミーヤ号の料金は、片道600円、往復1,000円です。

 

 

一番遊べるダムサイトエリアから離れた、宮ヶ瀬湖畔エリアには「巨大モミの木」があるのです。

樹齢は100年と言われているそうです。

高さ約30m。
点灯前はこんな感じ。

 

 

 

点灯!

ジャンボクリスマスツリー!

(近くには寄れないので、遠くから撮った写真の拡大でごめんなさい)

 

 

ジャンボクリスマスツリーの近くにある「宮ヶ瀬水の郷大つり橋(315m)」と、つり橋までの歩道(180m)はライトアップされていて、中学生以上はお金がかかります(私達が訪れた時は300円でした)。点灯時間は午後5時から9時までです。

ツリーに近づきたい方は、お金を払ってつり橋まで行くほうが良いです。

ツリーとつり橋はちょっと離れているので、すぐ近くまで行けるわけではありません。ツリー付近は立ち入り禁止です。

 

 

また、大つり橋の近くにある、水の郷 大噴水「虹の妖精」では、ライトアップされた噴水を見ることができます。

湖畔を離れて南側に行くと、飲食店エリアがあり、イルミネーションが綺麗でした。

 

 

帰りは、宮ヶ瀬バス停からバスに乗って帰りました。

宮ヶ瀬湖、楽しかったよ、ありがとう。

 

 

(この旅行記は2012年と2019年です)

 

(スポンサーリンク)

地上波が報じない
世界のタブー
「日本人が知っておくべき世界の裏側」
全6講義セットを今なら無料でプレゼント
*439人のレビューで平均満足度4.7*

著書80冊以上の会員制レポートを発行する
国際政治学者のビデオ講座が、今なら無料

無料で手に入れる

関連記事

→→【あいかわ公園 工芸工房村】 初めての紙すき体験! 機織り、藍染、陶芸、木竹工もできる!・・・あいかわ公園の同じ敷地にあります。楽しいです。

 

近くには服部牧場がありますので、こちらの記事も参考にご覧ください。

→→服部牧場。アイスクリームが美味しい! 牛舎に入れる

 

ダムの記事です。

→→【亀山ダム】 初めてジビエ(イノシシ肉)を食べた。もっとジビエが流行ればいいのに!!!・・・千葉県。

→→【二川ダム】 1953年の紀州大水害がきっかけで作られた。祖母の苦労話を紹介・・・和歌山県。

交通アクセス

・ダムサイトエリアに行く場合
小田急本厚木駅で電車を下車し、かな中バス厚01「センター経由半原」行きに乗り、「愛川大橋」下車です。60分。570円。
バスは一時簡に一本しかありません。
厚01 センター経由半原行き 時刻表

・宮ヶ瀬湖畔エリアに行く場合
小田急本厚木駅で電車を下車し、かな中バス厚20「宮ヶ瀬」行きに乗り、終点下車です。乗車時間は60分です。670円。
一時間に一本しかありません。
厚20 宮ヶ瀬行き 時刻表
(クリスマスイベント時は、臨時便が運行します。2015年の臨時便は12月24、25、27日です)

3つのエリアは無料の「宮ヶ瀬湖シャトルバス」で結ばれているので、車が無くても行き来が可能ですが、運行日数がすごく少ないです。平成30年度は、19日間しか運航されませんでした。訪れる前に必ず調べてください。シャトルバスが運行されていない日は、遊覧船で各サイトを移動することになります。

 

車で行く場合、それぞれのエリアに大きな駐車場があります。
・ダムサイトエリア あいかわ公園南・北駐車場
土・日・祝日、夏休み、ゴールデンウィーク期間は有料。普通車500円。

・鳥居原エリアの駐車場
無料

・宮ヶ瀬湖畔エリアの駐車場
土日祝日、GW、夏休み期間は、30分以内は無料、2時間までは300円、2時間以上500円です。
クリスマスイベント開催中、宮ヶ瀬湖の駐車場は、普通車900円に値上がりしますので、ご注意ください。(平日は午後3時から、土・日・祝日は午前10時からの入庫車両が対象)

料金について

有料なのは、インクラインと、ロードトレイン愛ちゃん号、遊覧船みやがせ21、ロードトレインミーヤ号です。

・インクライン
大人(中学生以上):往復500円(片道300円)
子ども(小学生):往復300円(片道200円)

・ロードトレイン愛ちゃん号
大人(中学生以上):片道300円
子ども(小学生):片道200円

・みやがせ21
①シャトルコース
【宮ヶ瀬~ダムサイト】
大人(中学生以上):往復1000円 片道600円※子ども(小学生)半額
【ダムサイト~鳥居原~宮ヶ瀬】
大人(中学生以上):片道のみ 600円※子ども(小学生)半額
【鳥居原~宮ヶ瀬】
大人(中学生以上):往復600円 片道400円※子ども(小学生)半額
②遊覧コース(宮ヶ瀬発30分)
大人(中学生以上)1,200円※子ども(小学生)半額
みやがせ21 時刻表

・ロードトレイン・ミーヤ号
宮ヶ瀬湖畔エリア(巨大クリスマスツリーがある)を一周(3.2km)しているロードトレインです。
一周大人300円、子ども200円。
月曜日運休。
見晴らし広場駅からの始発は10時(冬季の始発は10:26)で、最終は16:06(冬季の最終は15:10)です。

フリーパス

小田急線を利用していく場合、「宮ヶ瀬ダムハイキングパス」というお得な切符があります。
小田急線の発駅から本厚木までの往復乗車券がついており、宮ヶ瀬ハイキングコースを通るバスが乗り降り自由です。

また、みやがせ21、ロードトレイン、インクラインが割引料金で利用できます。
宮ヶ瀬ダムハイキングパスは、駅券売機や、窓口で購入可能です。

お得で便利な、旅の予約サイト