絵本「ハグ タイム」と、マザーテレサの言葉。一般人が、世界平和のためにできること

昨日、娘と一緒に近所の図書館に行って、絵本を数冊借りました。

 

その中の一冊がとても良かったので、紹介したいと思います。

 


 

娘はノンタンシリーズと、パオちゃんシリーズがとても好きなのですが、今回はノンタンではなく、ハグタイムという絵本を選びました。

 

(ハグとは、愛情をこめて抱きしめることです)

 

 

 

パトリック・マクドネルさん・・・知らんなぁ。

 

と、図書館のソファで、娘にヒソヒソ声で読んであげたのですが、これがとても良い話。

 

子供だけではなく、大人にもグッとくる話です。

 

むかしジュールという子猫がいました。

ジュールは世界を丸ごと抱きしめたいと思っていました。

「それで世界が良くなるわけ?」ドージィが尋ねました。

ジュールの心は愛でいっぱい。

力強く、うんとうなずいたので、ドージィはジュールにセーターを着せました。

旅に送り出してやるために。

 

 

猫のジュールは、お友達の猫、虫、花、リス、鳥をハグした後、船に乗って旅に出て、クジラ、ゾウ、トラ・・・と、いろんな動物をハグしていきます。

 

途中の北極では一人ぼっちに・・・、けれども・・・!

 

 

あまり言うとお楽しみが無くなるので、ここまでにしておいて、本の最後は、このように締めくくられます。

 

 

世界はとてつもなく大きいね

 

だけどとっても小さいよね

 

さあ今度は 僕たちが抱きしめる番

 

それが僕たちみんなにできること

 

君の一番近くにいる人から始めよう

 

ハグタイム!

 

 

 

この絵本を読んで、マザーテレサの、お話を思い出しました。

 

 

マザーテレサが平和賞を受賞した時、記者がこのような質問をしたそうです。

 

 

「わたしたち一般人が、世界平和のためにできることはなんでしょうか?」

 

 

すると、マザーテレサはこのように答えたそうです。

 

 

「あなたの家に帰って家族をハグしてください。愛してください。それが、あなたが世界平和のためにできることです。」

 

 

お~~~。

 

 

世界はとてつもなく大きいね

だけどとっても小さいよね

 

 

自分の身の回りから整える。

 

 

一つ一つの環が繋がって、大きな鎖みたいになっていく・・・のかもしれません。

 

 

「ハグ タイム」・・・、オススメの絵本です。