チョットnow記

ちょっと出かけて、色色知見

良かったもの

絵本「ハグ タイム」と、マザーテレサの言葉。一般人が、世界平和のためにできること

投稿日:2018年1月10日 更新日:

昨日、娘と一緒に近所の図書館に行って、絵本を数冊借りました。

 

その中の一冊がとても良かったので、紹介したいと思います。

 


 

娘はノンタンシリーズと、パオちゃんシリーズがとても好きなのですが、今回はノンタンではなく、ハグタイムという絵本を選びました。

 

(ハグとは、愛情をこめて抱きしめることです)

 

 

 

パトリック・マクドネルさん・・・知らんなぁ。

 

と、図書館のソファで、娘にヒソヒソ声で読んであげたのですが、これがとても良い話。

 

子供だけではなく、大人にもグッとくる話です。

 

 

むかしジュールという子猫がいました。

ジュールは世界を丸ごと抱きしめたいと思っていました。

 

「それで世界が良くなるわけ?」ドージィが尋ねました。

 

ジュールの心は愛でいっぱい。

力強く、うんとうなずいたので、ドージィはジュールにセーターを着せました。

旅に送り出してやるために。

 

 

猫のジュールは、お友達の猫、虫、花、リス、鳥をハグした後、船に乗って旅に出て、クジラ、ゾウ、トラ・・・と、いろんな動物をハグしていきます。

 

途中の北極では一人ぼっちに・・・、けれども・・・!

 

 

あまり言うとお楽しみが無くなるので、ここまでにしておいて、本の最後は、このように締めくくられます。

 

 

世界はとてつもなく大きいね

 

だけどとっても小さいよね

 

さあ今度は 僕たちが抱きしめる番

 

それが僕たちみんなにできること

 

君の一番近くにいる人から始めよう

 

ハグタイム!

 

 

この絵本を読んで、マザーテレサの、お話を思い出しました。

 

マザーテレサが平和賞を受賞した時、記者がこのような質問をしたそうです。

 

 

「わたしたち一般人が、世界平和のためにできることはなんでしょうか?」

 

 

すると、マザーテレサはこのように答えたそうです。

 

 

「あなたの家に帰って家族をハグしてください。愛してください。それが、あなたが世界平和のためにできることです。」

 

 

お~~~。

 

 

世界はとてつもなく大きいね

だけどとっても小さいよね

 

 

自分の身の回りから整える。

 

 

一つ一つの環が繋がって、大きな鎖みたいになっていく・・・のかもしれません。

 

 

「ハグ タイム」・・・、オススメの絵本です。

 

-良かったもの
-,

執筆者:チョットnow


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

人間国宝 柳屋小三治さんの独演会が良かったらしい。 若い人にも、落語が人気らしい。

うちの夫は二十代から落語が好きで、今日は調布市で行われた人間国宝「柳屋小三治」さんの独演会に行ってきたそうです。     これは18時ごろに撮った写真で、18時半の開演ではほぼ満席 …

劇団四季「昭和の歴史三部作」が泣ける・・・。ディズニーも良いけれど、オリジナル作品も見て欲しい

劇団四季というと、大きな専用劇場でディズニーなど外国のミュージカル作品を上演しているイメージが大きいですが(私もこれらが好きで、ライオンキング、アイーダ、ウィキッド、美女と野獣、キャッツ、オペラ座の怪 …

虫っておもしろいのね。モンシロチョウと寄生蜂の関係、巧妙なアリの社会

いきなりですが、今日は虫の話。 うちの本棚には、虫の分厚い図鑑が一冊と、読みやすい薄めの本が一冊あります。     愛読者は、6歳の息子と、三十歳代半ばの私。 図鑑、良いですよ! …

「天描画家・大城清太さんの講演会」 おばあが教えた「幸せになれる方法」とは

昨日、横浜の神奈川ろうどうプラザにて開催された、人気ブロガーmisaさん初プロデュース「天描画家・大城清太氏講演会」に行ってきました。   私は3.11大震災後いろんなジャンルに興味を持ち、 …

「超巨大宇宙文明の真相」の動画。宇宙には地球の他に、生命体がいる星がたくさんあり、魂は転生する

夜空を見上げるとキラキラと星が輝いていますが、宇宙は恐ろしく広大で、地球の全砂浜の全砂粒よりも多くの星があります。   その中で、たった1粒の砂・・・「地球」にだけ生命がいる。それは本当なの …