チョットnow記

ちょっと出かけて、色色知見

良かったもの

原因と結果の法則。 人工頭脳に任せてしまった、火の鳥未来編の話

投稿日:2017年4月5日 更新日:

今日は、火の鳥 未来編を紹介します。

この話は、「自分達の運命を他所にゆだね、そのまま滅びる人々」が描かれており、とてもおもしろいです。

 


 

話を簡単に言いますと・・・

地球が死に向かい、地上世界が荒廃したため、人間は地下都市を作り、暮らしていました。

むなしく地下で生きる人々は、シリウス12番星から連れ帰った不定形生物ムーピーをかわいがります。

ムーピーは、自在に姿を変えられるばかりか、人間の脳細胞を超音波でくすぐって、一種の夢を見させます。

 

ムーピーは楽しい「夢」を見せてくれるので、人間は幻の世界で快楽にふけって楽しみます。

 

 

人々は、地球の危機、人類の危機のために、前進しなくてはならないのに、過去の感傷に浸り、幻の世界で遊び、現実を生きることを放棄してしまいます。

 

そんなふうに対処能力の落ちた人間達は、素晴らしい計算をしてくれる電子頭脳を国のリーダーにしました。

レングードのダニューバーと、ヤマトのハレルヤという電子頭脳です。

しかし、この二つの電子頭脳は計算の違いで争い、あろうことか人間に戦争を命令します。

 

 

なんと、人間は機械の命令に抗うことなく、機械に命じられるまま核戦争に至り、三人の人間を除いて滅びてしまうのです。

 

 

これは単なる漫画に過ぎませんが、いろんな問題があるのに娯楽に耽り、一部の人に自分達の運命をゆだねてしまっている私達と、なにか似ているところがある・・・そう思いはしませんか。

 

自分の思考や行動を、誰かにゆだねっぱなしでは、思わぬ流れに巻き込まれます。

 

自主性を失わず、自分の存在の大切さ・大きさを忘れることなく、しっかり自分と周りの状況を把握しながら行動することの大切さを、教えてくれています。

「行いをすること」の大切さを教えてくれた、清水観音堂の言葉を再掲します。

 

運は運ぶとよみます。
あなたの行いを運ぶ。
過去の行いが今に運ばれ、今の行いが将来に運ばれるのです。
それは過去の行いが今に運ばれてきただけなのです。
もしあなたがこれらの運気を上げたいと思ったら、それなりの行いをすることです。

 

 

望むような未来が来て欲しいなら、そのような行いをする

 

空想の享楽に浸っているだけでは、望んだ未来は、来ないのだと思います。

手塚漫画・・・やっぱり面白いなぁ。

興味をもった方は、ぜひ読んでみて下さい。

 

関連記事

手塚治虫さんについて書いた記事です。
→→總禅寺(そうぜんじ)、手塚治虫さんの墓所。20年前の本なのに、現在に響くメッセージ「ガラスの地球を救え」(お墓は東京にあります)

→→宝塚市立「手塚治虫記念館」。手塚ファンの聖地!! (兵庫県。宝塚大劇場のすぐ近くにあります)

→→【高田馬場駅周辺、手塚治虫巡り】 手塚先生が好きだった和菓子を求めて

-良かったもの
-,

執筆者:チョットnow


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「当たってるなー」と思う無料占い。人は、やっぱり生まれた時の星の影響を受けているのかもしれない。占いの良い活用

今日は「占い」の話です。   私は有料の占いはほとんどせず、だいたい無料の占いで済ませていますが、けっこうおもしろいですよ~。     まず、自分の性格的なところが当たっ …

【「怨霊になった天皇」を読んだ】 人を恨んではいけない。「和の文化」は、世界に誇れる日本の心

久しぶりの更新です。   淡路島で暗殺された疑いのある淳仁天皇が、実は殺されずに琵琶湖の北の隠里「菅浦」に逃れて、そこで住んだ・・・と、前々回記事にしましたが、淳仁(じゅんにん)天皇が菅浦に …

TV番組で、カビの美しさを知る。土中のダニはすごかった!

前回、浴室エプロン掃除体験を書きましたが、そのオマケです。(私にとってはこっちがメイン記事だったりする)   掃除屋さんに、お風呂のカビ掃除・ヘドロ掃除をしてもらっている最中、私はリビングで …

一万年前、世界は一つの文字でつながっていた・・・かもしれない

昨日、青森の宮城城(?)と和歌山の鬼ヶ島(?)の海底遺跡があるという話をしましたが、今日は沖ノ島の海底遺跡と古代の文字についてです。   通説において文字文明の発祥は約5000年前の古代シュ …

虫っておもしろいのね。モンシロチョウと寄生蜂の関係、巧妙なアリの社会

いきなりですが、今日は虫の話。 うちの本棚には、虫の分厚い図鑑が一冊と、読みやすい薄めの本が一冊あります。     愛読者は、6歳の息子と、三十歳代半ばの私。 図鑑、良いですよ! …