チョットnow記

ちょっと出かけて、色色知見

良かったもの

今日は秋分の日で、昼夜の長さが同じ。Xクラスフレアが起こった後のプロミネンス写真を載せます。

投稿日:2017年9月23日 更新日:

今日は、秋分の日。
春分の日と同じく、昼と夜の長さが同じになる日です。


 

先日、秋田の大湯環状列石の記事を載せましたが、世界中にあるストーンサークルは、古代人が天体観測を目的として、二至二分(冬至・夏至と春分・秋分)を知るために作ったのだそうです。

右が万座環状列石、左が野中堂環状列石で、その中心を結ぶ直線の延長線上は、夏至の日没方向を示しているそうです。

 

 

 

大湯ストーンサークルから見える、黒又山(クロマンタ)は、二至二分の目印となっていたそうです。


地下を調べると、階段状の構造が見られた・・・とのことなので、日本で一番美しいピラミッドともいわれる黒又山は、天体観測や祭祀などに使用されていたんでしょうね。

人間は大昔から、太陽の動きを見ていたんですねぇ。

→→黒又山の記事はこちら・・・日本で一番きれいなピラミッド。

 

 

 

地球が属する天の川銀河。
宇宙に銀河は二兆個ほどあるそうで、天の川銀河はそのうちの一つ。


地球は自転しながら、太陽の周りを公転しており、さらにその太陽も含めた天の川銀河もグルグル回転しています。

地球は、新幹線の400倍の速度(時速10万キロ)で太陽の周りをまわっているというから、すごいじゃないですかぁ。

適度な温度で、水あり、酸素あり、食料ありで、新幹線の400倍のスピードで太陽の周りをまわりながら、自分自身もグルグル回転している・・・。

「我等の宇宙船・地球号」とは、何とも良いネーミング。
宇宙船内は、奇麗に、大事に使いたいものです。・・・と言っても、私は「宇宙船」よりは「星は生命体」であると思っていますが。

 


 

 

私が住んでいる川崎市多摩区には、生田緑地という広い公園があって、「宙(そら)と緑の科学館」では、晴れた日の午前と午後の決められた時間、無料で太陽観察ができます。

 

この日(2017年9月18日。三連休最終日)は天気が良かったので、枡形山展望台から富士山を眺めるために訪れ、同じ敷地の「宙(そら)と緑の科学館」で太陽観察をしたのでした。

 

 

無料で太陽観察ができるのは、寄付のおかげです!
ありがとうございます!

 

 

 

順番待ちをしている時、係りの男性に「この前(9月初旬)の大きなフレアはすごかったんですか?」と尋ねたら、「あの時、日本は夜だったので、見れなかったんですよ。でも、プロミネンスなら撮れていますよ」とのことで、画像を見せていただきました。

 

太陽の右側にオレンジ色の輪が見えますね。あれが、先日の太陽フレアが起こった後のプロミネンスです。

私「あー、これですか。なんか、プクッとしてますねー」
係りさん「この輪の中に、地球が10個くらい入るんですよ」
私「え~~~~~~っ!?」

・・・そう、なんとなく見たのでうっかり忘れていたのですが、太陽の大きさが顔だとすれば、地球はホクロくらいの大きさです。

地球を109個横に並べた大きさが、太陽の直径です。
太陽の直径は、地球を煩悩の数(除夜の鐘と同じ。108)+1並べた109個分と覚えましょう。

「これより大きいプロミネンスを見たこと、あるんですか?」と尋ねたら、「僕は無いですねー。これが一番大きかったです」とおっしゃっていました。

・・・で、ここで「フレア」とか「プロミネンス」とか言葉が出てきましたので、息子の図鑑から簡単に説明しますと、太陽というのは圧縮された高熱ガスの塊で、私たちが属する太陽系の中心的存在で、大きさも重さもナンバーワン。

中心核では水素原子四つからヘリウム原子一つができるという「核融合反応」が起きており、外側の対流層でガスが内側から外側、外側からまた内側へ・・・とエネルギーが運ばれています。

ボバーングルグルボバーングルグルと活発に爆発しているのですが、太陽表面で起こる激しい爆発が太陽フレア。(太陽表面から飛び出した磁力線が途中でつなぎ変わることがあり、その時にお互いがはじかれて離れた時に、フレアが引き起こされる)

先日の大きなフレアの写真は、大好きなIn Deepさんのサイトにあるので、ご覧ください。
→→[緊急]1990年以来27年ぶりに強力な「 X 9.3 」の太陽フレアが突然噴出される In Deepさん
→→9月7日の X 9.3 フレアの際も、私たち人類は太陽と同期していたはず  In Deepさん

めっちゃピカッと光っています。

 

フレアは光るだけではなく、電子を帯びたプラズマ粒子がコロナの中を上昇し、CMEが起こります。

CME・・・秒速700km以上という恐ろしい高速で、プラズマ粒子が地球に押し寄せること。これにより大規模な停電が起こることがあります。

→→映画「サバイバルファミリー」感想はこちら・・・天体現象により全ての電化製品がストップ。全世界同時に大停電が起こった!というお話です。

地球は自分の磁力でバリアみたいなものを常に張っており、太陽風をかわしています。極地で見られるオーロラは、太陽風と地球の大気分子とがぶつかり合い起こる現象で、巨大フレアがおこるとオーロラも大きくなります。

 



爆発のフレアは撮れなかったけれども、日本でも撮影できたプロミネンスとは何かというと、太陽表面から飛び出した磁力線により、太陽表面(彩層)のガスが持ち上げられたものです。(フレアに比べて、けっこう長く観測できる)

フレアもプロミネンスも、太陽の磁力線が関係しています。

「磁力線」と聞いてもピンときませんが、なじみのある言葉が「黒点」。
黒点とは、磁力線の出ていく部分と入る部分で、磁力線の出入りが太陽エネルギーの流れを邪魔するため、周りよりも温度が下がって黒く見えるのだそうです。
黒点の温度は低いといっても4000度あるそうですよ。

太陽表面の彩層は1万度で、その外側のコロナは100万度。

 

 


私たちが暮らしている地表は過ごしやすい温度ですが、高度80km以上は熱圏といって、太陽風の影響で約1,000度もの高温なのだそうです。

地球のバリアが無かったら、私たちは焼け死んでしまうでしょうね・・・。

守ってくれて、ありがとう、母なるガイア!

 

 

 

たくさんの恵みを与えてくれるまぶしい太陽ですが、もっと巨大な恒星がたくさんあります。


太陽は50億年後くらいまで今の大きさを保つそうですが、徐々に膨らみ始め、現在の200倍以上、体積800倍以上の赤い恒星(赤色巨星)となり、外側のガスがはがれ、リング状のガスに囲まれた惑星状星雲となり、中心には地球と同じ大きさの小さな白色矮星(わいせい)が残るのだそうです。

 

 

人間にも一生があるように、星にも一生があるんですね・・・。

 

 

今日は秋分の日ですから、太陽と地球の動き、宇宙の星々について、いろいろ調べてみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

どちらも無料です。

→→国立天文台三鷹キャンパス・・・国立天文台の本部。見学無料。

→→宙と緑の科学館・・・生田緑地内。晴れた日は、無料で太陽観察ができます。有料でプラネタリウムも見れます。

-良かったもの
-, ,

執筆者:チョットnow


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

古代米「赤米」「黒米」。雑穀米も美味しいよ! お試しあれ~♪

先日、青森県の田んぼアートを紹介しました。 →→田舎館村 第2会場「田んぼアート」の記事はこちら →→田舎館村 第1会場「田んぼアート」の記事はこちら   いろんな稲があるんですね~~。 & …

「君の名は。」の感想。 神様のことを「ムスビ」という。「真心は神様に通じる」ことを教えてくれる映画

去年の8月に公開され、大ヒットとなっている「君の名は。」。   興味があったのですが、なんとなーく見に行かないでズルズル過ごしていましたが、2月の下旬だったでしょうか、新海誠監督がインタビュ …

TV番組で、カビの美しさを知る。土中のダニはすごかった!

前回、浴室エプロン掃除体験を書きましたが、そのオマケです。(私にとってはこっちがメイン記事だったりする)   掃除屋さんに、お風呂のカビ掃除・ヘドロ掃除をしてもらっている最中、私はリビングで …

良いこと(?)をしたら、良いことが返ってきた!!!  勇気を出して動いてみてください

いやぁ、びっくりしました・・・。 ちょっと今日は、私の人生最大級の奇跡について書きます。     3月19日に、横浜市で開催された天描画家大城清太さんの講演会に行った時のことです。 …

「モアナと伝説の海」感想とネタバレ。 葛藤だらけの大人に見てほしい作品

二つ前の記事で、「君の名は。」の感想を書きました。   次は、「モアナと伝説の海」の感想を書きます。   これはですねぇ・・・、見たほうが良いですよ。 「君の名は。」と同じく、スピ …