【大仏比較!】 奈良の大仏(国宝)、鎌倉大仏(国宝)、牛久大仏(ギネス)

今日は、国内にある3つの巨大大仏について紹介します。

 

(この記事のカテゴリをどこにしようかなぁと思ったのですが、前回、鎌倉大仏を取り上げた続きですので、神奈川県レジャーカテゴリに置きます)

 

 

 

まず、大仏と言えば、前回取り上げた鎌倉大仏。

国宝。

像の高さ約11.39メートル(台座を含め高さ13.35メートル)。重量約121トン。

大仏の中に入れます。

→→鎌倉大仏殿「高徳院」の記事はこちら・・・神奈川県鎌倉市。関東にある大仏では、一番有名かも。

 

 

 

奈良の大仏。

正式名称は、東大寺盧舎那仏像(とうだいじるしゃなぶつぞう)と言います。

中世、近世に焼損したため大部分が補作されており、当初に制作された部分で現在まで残るのはごく一部です

「銅造盧舎那仏坐像」の名で彫刻部門の国宝に指定されています。

像の高さ約14.98メートル。(台座を含め高さ17.44メートル)。

大仏像の重さ約250トン、台座の重さが約130トン。

世界最大の木造軸組建築。(世界最大の木造ではない。木造軸組)

鼻の穴は37×30cm。(小学生くらいの子どもなら、大仏の鼻の穴をくぐれる)

 

 

東大寺の写真も載せておきます。

大仏殿(正式には金堂)、立派ですね。

高さと奥行は創建当時とほぼ同じですが、幅は創建当時(約86メートル)の約3分の2。

→→東大寺大仏殿(奈良の大仏)の記事はこちら・・・日本で一番有名な大仏だと思う。

 

 

 

最後に、茨城県の牛久(うしく)大仏。

世界最大青銅製大仏としてギネス登録されています。

1992年12月に完成し、浄土真宗東本願寺派本山東本願寺が事業主です。他の二つと違い、国宝ではありません。

全長120m、総重量4000トン、左手のひら18m(奈良の大仏が手のひらに乗る)、顔の長さ20m、目の長さ2.5m、口の長さ4m、花の高さ1.2m、耳の長さ10m、人差し指7m。

→→牛久大仏の記事はこちら・・・世界最大青銅製大仏ギネス大仏。国内で一番巨大。中に入れます。エレベーター完備。

 

 

鎌倉大仏が載っていないけれども、牛久大仏と奈良の大仏のサイズ比がよくわかります。

奈良の大仏よりも3.5m低いのが鎌倉大仏です。

 

 

一番古いのが、奈良の大仏で8世紀。
その次が、鎌倉大仏で、鎌倉時代(と思われる。はっきりとわからないらしい)。
一番新しいのが、牛久大仏。1992年12月完成。私よりも若い大仏です。

 

 

以上、簡単な大仏比較でした。

 

 

次は、鎌倉大仏殿高徳院の裏手にある「大仏ハイキングコース」について取り上げたいと思います。

佐助稲荷神社(源頼朝を出世させた出世稲荷)、銭洗い弁天、源氏山公園と化粧坂(けわいさか)切通しです。

 

次の記事はこちら

間に大仏比較記事を入れましたが、鎌倉大仏殿 高徳院の続きです。   2012年8月は江ノ電のりおり君で、 ①鎌倉高校前駅下車・七里ガ浜散歩 ②長谷駅で下車し、鎌倉大仏殿高徳院へ参拝 ③鎌倉駅で下車し、小町通り散策[…]

 

 

関連記事

→→東大寺大仏殿(奈良の大仏)の記事はこちら・・・国宝(奈良県)

→→鎌倉大仏殿「高徳院」の記事はこちら・・・国宝(神奈川県)

→→牛久大仏の記事はこちら・・・ギネス大仏(茨城県)

→→大船観音寺(おおふなかんのんじ)の記事はこちら・・・こちらは大仏ではなく、巨大な観音像。神奈川県鎌倉市にあります。