チョットnow記

ちょっと出かけて、色色知見

東京都レジャー

【東京ジャーミイ・トルコ文化センター】 東アジアで一番美しいモスクに平日見学に行った。入場料無料。服装や注意事項について

投稿日:2018年9月18日 更新日:

今日は、「東京ジャーミイ・トルコ文化センター」を紹介します。

見学の前に、公式サイトをチェックしましょう

東京ジャーミイに訪れる前に、ぜひ目を通してほしいのが、公式サイト。

東京ジャーミイ・トルコ文化センター 公式サイトはこちらです

 

東京ジャーミイは観光施設ではなく、駐日本国トルコ共和国大使館所属の、イスラム教の寺院「モスク」であり、金曜礼拝を含む1日5回の礼拝が行われます

東京に住むイスラム教徒はもちろん、東京へ観光に来たイスラム教徒が礼拝するところで、毎日の礼拝参加者は10人程度、金曜日の合同礼拝への参加者は400人程度となっているだそうです。(←ウィキペディアによる情報)

 

寺院であり、観光施設ではないため、公式サイトの「礼拝場見学に関する注意事項」に目を通してから行くのをオススメします。

家を出る前にぜひ目を通してほしいのが、「服装」と、「祈りの時間」です。

 

わかりやすい現地の説明を貼っておきます。

男女共に、ハーフパンツは禁止です。

男性は長ズボン着用。女性は頭にスカーフを巻いて髪を隠し、腕や足を出さない格好(ロングスカートか長ズボン着用)で行きましょう。

 

 

礼拝中の写真撮影は禁止なので、写真を撮りたい方は礼拝時間を外して行きましょう。(礼拝時間外でも、ドレスコードは守る方が良いです)

また、写真撮影したい場合は、一階の事務局に声をかけて許可をもらいましょう。

 

 

礼拝場の開場時間は、10時から夜の礼拝終了まで。一階は10時から18時までです。

無料で見学でき、土日に一回だけ日本語ガイドで説明してくださるようです。詳細は、東京ジャーミイ・トルコ文化センター 公式サイトで確認してください。

 


見学記

では、ここから東京ジャーミイの紹介です。

 

最寄り駅は代々木上原駅で、徒歩5分ほどで着きます。

 

私が訪れたのは、平日の午前10時半くらい。

 

まずは外観から・・・と、寺院周りを観察。

日本とトルコの国旗が仲良くはためきます。

日本とトルコ共和国は、前身の「オスマントルコ帝国」時代から仲良しで、両国の絆を深めたのが1890年のエルトゥールル号遭難事件と、1985年のイラン・イラク戦争時の、イラン邦人救出劇でした。

詳しくは、以前書いた【トルコ記念館】の記事(和歌山県串本町)でご覧ください。

 

 

模様のように見えますが、これはアートな文字「カリグラフィ」です。

美しいですね~~~!

東京ジャーミイは、日本最大のモスクで、その美しさは東アジアで一番だと言われています。

礼拝堂内はもちろん、外壁も美しいので、よく観察してください。

先ほどの写真上部にあった円の中に書かれたカリグラフィは、「慈悲あまねく慈悲深きアッラーの御名において」と書かれています。

 

 

「アッラー」は、「ヤハウェ」のアラビア語での呼び方です。

ユダヤ教、キリスト教、イスラム教は、唯一神ヤハウェを信仰しています。

もう一つ、大きな宗教として仏教がありますが、こちらは神様を信仰しているというよりは、仏教の開祖シャカが、因果の法則を説いたものです。(上座部仏教のスマナサーラ長老は、「仏教は心の科学」と呼ぶ)

 

日本独自の宗教と言えば「神道」ですが、いろんな文化・宗教が入ってきた経緯がありますし、人間を中心とする「和」の思想があるため「日本教」とする説もあるようです。

・・・が、私は宗教に詳しくないので、興味のある方はいろいろ調べてみてはどうかなぁと思います。

 


 

では、中へ入りましょう!

 

 

一階は、トルコの民芸品、アクセサリー、お皿などが買えます。

オススメしたいのが、200円のガイドブック。

東京ジャーミイはあちこちに「カリグラフィ」があるのですが、日本語の説明パネルがないため、何を意味しているのかわかりません。

それを補填してくれるのが、200円のガイドブックで、「どこに、なにが書かれているのか」が載せられているので、大変勉強になります。東京ジャーミイの歴史も書かれてありますので、土・日曜の日本語ガイド付き館内案内のタイミングで訪れられない方は、ぜひ買うのをオススメします。

 

私達はここで、ガイドブック(200円)と、不思議なマグネット(300円)を買いました。

不思議なマグネットとは、サウジアラビアのメッカにあるマスジド・ハラーム(聖モスク)の写真で、なんだか光がモワ~ッと浮いて見える、不思議なマグネットです。(意味わかる? ほんと、不思議なマグネット。それにしても、マスジド・ハラームはすごい所だ・・・)

メッカについては、ウィキペディアでご覧ください。マスジド・ハラームの写真もあります

 

 

 

棚には昔の写真が飾られていました。

ロシア革命を逃れて、日本へ避難してきたカザン州のトルコ人達が礼拝所を求め、日本政府の協力によって1938年(昭和13年)に建てられたのが「東京回教礼拝堂」です。

「回教(かいきょう)」とは、イスラム教のことです。

東京回教礼拝堂は、木造建築で、建築資金は日本側の寄付によりまかなわれました。

長い間親しまれた東京回教礼拝堂ですが、老朽化により1986年(昭和61年)に取り壊されました。

モスク再建のため、東京トルコ人協会はトルコに寄付を求め、母国から資材や職人を日本に送り、2000年に新しく建てられたのが現在の建物「東京ジャーミイ・トルコ文化センター」です。

 

 

一階でぜひ見て欲しいのが、伝統的なトルコ民家の応接間。

美しいですねぇ・・・。

 

 

不思議だなぁと思ったのが、トイレ。日本のトイレには無い洗い場がついていました。

これは礼拝前に、手、口、鼻、顔、腕、髪の毛、耳、足を順番に三回ずつ洗う行為(ウドゥ)をする場です。

手、腕、耳、足、を洗う際は、右側から洗うのが決まりなのだそうです。

 

 

では、二階へ上がりましょう。

 


 

二階、礼拝堂扉。

 

 

塔の形も美しいです。

 

 

礼拝堂に入る前に、靴を脱ぎます。スリッパは要りません。

 

 

礼拝堂入ってすぐに寄付箱と、ストールを持参していない方のための貸しストール「ヒジャブ」、黒いローブ「アバヤ」があります。

ストールは、髪を隠すようにかぶりましょう。

 

 

袖に刺繍や飾りがあり、美しいローブです。

 

 

では、礼拝堂の写真をいくつか貼ります。

 

 

天井が美しい!

 

 

カリグラフィと、装飾模様が細かくて、見入ってしまいます。

 

 

金曜礼拝では、この小さな階段にイマーム(指導者)が立ち、説教をします。

 

 

そして、聖地メッカのカアバ神殿に向かって、アッラーに礼拝を捧げます。

 

 

ステンドグラスも美しいですね!

 

 

女性のみ、上階の礼拝所へ行けます。

こちら、小さならせん階段の先にある、上階の礼拝所。

 

 

二階から見た、礼拝堂内。

 

 

礼拝堂内には、コーラン(クルアーンとも言う。イスラム教の聖典)がありました。

日本語訳付きのコーランもありましたので、お時間のある方は読んでみてはどうかなと思います。

 

 

本棚に「東京ジャーミイ 金曜日のホトバ  食べ、かつ飲みなさい  ただし、度を越すことのないように」との紙が残されていたので、読みました。

 

一部抜粋して載せておきます。

必要以上に多くを消費することを避けるようにしましょう。与えられている祝福の一つ一つに、私たちが責任を負っていることを忘れないようにしましょう。

私達の主が、この人生と世界に対して定めたバランスを、見つめるようにしましょう。

このバランスが崩されれば、それは私たちの人生の豊かさや社会の平和が犠牲となるばかりか、未来の世代にまで犠牲を強いることになるということを、心に留めておきましょう。

欲求や欲望には限度というものがありません。しかし、授かることのできる祝福には限りがあるということを、忘れずにいましょう。

 

 

東京ジャーミイ・トルコ文化センターでは、毎日の礼拝の他、講演会、世界平和を祈る集い、じゅうたんの展示会、チャリティ・バザーなども開催されているようです。

 

大変美しい所でしたので、ぜひ見学に行ってください。(事前に公式HPを読んで、見学時のマナーを守ってくださいね)

 

 

ああっ、トルコ、行きたいっ!

 

 

飛んでイスタンブ~~~ル~~♪ (*´Д`)θ~♪

(ちなみにトルコの首都はアンカラで、イスタンブールではない)

 

 

この後、トルコ料理を食べにわざわざ新宿まで出たのですが、なんと、「あー、ゴメンネ、平日ランチやってないヨ。土日だけネ」とお店の方に言われたので、同じビルにあったタイ料理屋さんで御飯を食べました。

 

・・・というわけで、トルコ料理屋さんに、平日ランチ目的で訪れる方は、「平日ランチ、やってますか?」と電話で確認したほうが良いです!

 

 

楽しいお出かけになりますように♪

 

 

関連記事

→→【トルコ記念館】の記事はこちら(和歌山県串本町)・・・「エルトゥールル号遭難事件」を伝える資料館。トルコが親日の理由について。

→→ 【トルコ軍艦遭難慰霊碑、樫野埼灯台と旧官舎】の記事はこちら(和歌山県串本町)・・・エルトゥールル号遭難事件で、海に投げ出されたトルコ人が崖を上り、助けを求めた建物です。未だに全ての遺骨は回収されていません。

交通アクセス

代々木上原駅で下車、徒歩5分。
駐車場はありません。

料金

無料です。

近くの宿泊施設

ホテルサンルートプラザ新宿。代々木上原駅にホテルが無いので、新宿か渋谷に出るのをオススメします。

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は【バスリザーブ】で格安高速・夜行バス予約

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。

-東京都レジャー
-,

執筆者:チョットnow


  1. ハクツル より:

    ハクツルです
    すみません、昨夜名前を入れるのを忘れてコメント送信してしまいました(汗)

    きっと名無しのアヤシイ人になってますよね。
    ドッキリさせちゃってゴメンなさい~(><*)

  2. 匿名 より:

    こんにちは
    東京ジャーミイ、美しいですねぇ(*´∀`)

    再現された民家の、煌めくようなモザイクに「これがトルコの普通なのか!(;゜0゜)」と驚いたり溜め息が出たり。

    実は大学生の息子も以前からトルコに惹かれていて、第二外国語の選択に無かったものだから自分で本を買い、少しづつトルコ語を勉強してるみたいです。

    カッパドキアなど、トルコは 一度は行ってみたい国ですね

    • チョットnow より:

      ハクツルさん、コメントありがとうございます♪
      最近忙しくてブログにログインしておらず、コメントに気づくのが遅れてごめんなさい(+_+;)
      大学生の息子さんがいらっしゃるのですね!
      トルコ、私も強く惹かれます! 初めて買った外国の雑貨がトルコのもので、ナザール・ボンジュウの不思議なデザインと深みのある青色にヤラれました・・・。
      親日国とのことですし、比較的旅しやすい国かもしれませんね。トルコ語、難しそうです!(^_^;)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【国立西洋美術館】 東京で初めての世界文化遺産。外にあるロダンの彫刻は無料で撮影

先ほど、国立科学博物館の特別展「大英自然史博物館展」について書いたので、その隣の「国立西洋美術館」について簡単に書きます。 目次1 見学記1.1 関連記事2 近くの宿泊施設3 お得で便利な、旅の予約サ …

【摺鉢山(すりばちやま)古墳】 1500年前の前方後円墳が上野にある

続けて上野です。   なんとですね、上野公園(江戸時代に創建された寛永寺の境内)には、古墳があった! 目次1 散策記1.1 関連記事2 交通アクセス3 近くの宿泊施設4 お得で便利な、旅の予 …

【東京タワー 階段で上る】 土日祝日は、自分の足で海抜150mまで上ってみよう! 

前回、増上寺を書きましたので、今日はその隣の東京タワーについて書きます。 目次1 レジャー記1.1 関連記事2 交通アクセス3 料金について4 近くの宿泊施設5 お得で便利な、旅の予約サイト レジャー …

【アメヤ横丁】 上野公園のすぐ近く。年末用品の買出しや、グルメなど

クリスマスも終わり、お正月の準備が迫ってきましたね。 そこで、アメヤ横丁のことを書きたいと思います。 近くには【上野動物園】や恩賜公園、【国立科学博物館】や美術館などありますので、遊んだ帰りに寄れば良 …

【東郷神社】 竹下通りのすぐ近く。神格化された東郷平八郎を祀る神社

前回の続きです。 明治神宮参拝後、竹下通りを通って、東郷神社へ向かいました。 竹下通りからの距離は1kmもなく、5分ほどでつきます。 目次1 参拝記1.1 関連記事2 交通アクセス3 近くの宿泊施設4 …