手作り動物・キャラクターパンのレシピ。「からすのパンやさん」ごっこ

どうしたもんだか、今朝はめっちゃ早く目が覚めてしまいました・・・。

こんな時間(4:50)から、パソコンぽちぽちしてます。

 

今日は、子供と一緒に楽しめる「手作り動物パン」について書きます。
バターロール、チーズクッペ、コーンパンも、同じ生地なので基本さえ覚えれば簡単♪

自分で作れば、イーストフード(発がん性のある膨張剤)不使用!

材料

2人分のパン材料

・強力粉200g
・塩3g
・砂糖20g
・バター20g
・溶き卵20g
・ぬるま湯 100ml
・ドライイースト 5g
・打ち粉と仕上げの溶き卵。顔を作る場合は食用粉末、ドライフルーツ、チョコペンなど。

 

使用する道具

・大きめのボウル
・量り
・オーブン
スケッパー・・・なければ包丁でもOK
めん台
・刷毛・・・100均ショップでシリコンのハケが売られています。
・めん台・・・めん台については、手作りナンの記事でご覧ください

 


作り方

4人分の材料。

自分で作ると「何から作られるのか」がわかって良いです。

 

ボウルに強力粉を入れ、砂糖、塩、バター、溶いた卵を、間隔をあけてのせます。

写真真ん中にある茶色っぽい粉はキビ砂糖です。(うちは白糖を買わない)

30度くらいのぬるま湯でドライイーストを溶いたら、砂糖の上に流し入れましょう。イースト菌は糖分をエサにして発酵します。

 

粉っぽさが無くなるくらいまでこねたら、めん台 に生地を出してこねます。


左手で生地の下部を抑え、右手でズリーッと前へ滑らせるようにします。
生地を伸ばしたら、また丸くまとめてズリーッ・・・を繰り返します。

 

 

時々、生地の下部を持ち、めん台にビターンとたたきつけます。


「ダーン!」と音がするので、集合住宅にお住まいの方は、ほどほどの力加減でやりましょう。

 

パン作りで一番手間がかかるのが、パン生地をこねる作業です。

 

これが面倒くさい人は、ホームベーカリーを買いましょう。

 

材料をポイポイいれて「パン生地作りモード」のスイッチを入れるだけで、機械がコネコネしてくれます。
食パンモードにしたら、自動で食パンが焼けます。

 

→→ホームベーカリーと手作り食パンの記事はこちらをご覧ください。

 

・・・機械は便利ですが、ハッキリ言うと手ごねの方が美味しいです。

 

私は10年間パン作りをしていますが、今までで一番おいしかったのは、湯だねを用いた手ごね食パンでした。

 

自分で言うのもなんですが、めっっっっっっっっちゃ美味しいです!

 

ふわふわで、生地がきめ細かくて、甘くて、近所のパン屋の食パンより美味しかった。

 

ホームベーカリーにお任せするのも良いですが、手ごねは労力に見合った(20分くらいコネコネビターン!)美味しさが出てくるので、どちらにするかはお好みで。

 

手ごねで作る方は、しっかりこねましょう。

 

こね方が足りないと、パンが固くなります

 

ここでパンの良し悪しが決まります。(強力粉の選択も大事ですが)

 

こね終わったら丸くまとめて、ボウルに乾燥防止のラップをかぶせて一時間放置。

 

夏は室温放置で構いませんが、冬は30度くらいのぬるま湯で湯煎して発酵させます。

 


 

一時間後。


今回も、イースト(酵母)菌が良い働きをしてくれました♪

イースト菌、ありがとう~!

 

 

打ち粉をふるっためん台に生地を出し、スケッパーでテニスボールよりも小さいくらいに切り、丸くまとめて10分放置。

 

動物・キャラクターパンを作りたい人は、ここでパン生地の一部に紫芋粉、竹炭パウダー、抹茶粉(ヨモギ粉やスピルリナ粉末でも良い)を練りこんで色を付けます。

紫芋粉をきらしていたので、今回は竹炭パウダー(黒)とスピルリナ粉末(緑)で作りました。粉を混ぜた生地はちょっと固く焼きあがるので、少量にしておきましょう。

 

 

生地を赤紫色にするなら紫芋パウダー。

 

 

黒い生地は竹炭パウダーで。

 

 

緑色はヨモギ粉がオススメ。ヨモギパンも作れます。

 

 

 

3歳の娘と8歳の息子と一緒に作りました。粘土遊びみたいで楽しいです。

左端に映っているのは、娘の力作「きのこ」。その右上は、息子の力作「さかな」。

「顔のあるパン」を作るときは、目鼻口を中央寄りに置きましょう。

 

今回は生地に粉を練りこんで目鼻口を作りましたが、ナッツやドライフルーツでも代用できます。

 

焼き上がりにチョコペンで顔を書く作り方もあるので、どのように作るかはお好みで。

 

 

 

夏は室温で30分放置。冬は40度に温めたオーブンで二次発酵させます。

焼く直前に溶き卵を塗りましょう。

180~210度に温めたオーブンで、15分くらい焼きます。(本には180度とありますが、うちのオーブンでは210度で15分がちょうど良い)

ロールパンはこんがり色づくまで(20分ほど)焼きますが、キャラクター・動物パンはほんのり焼き色が付くかんじにすると可愛いです。

・・・これ、焼けているのかな?と不安な時は、トングでパンを持ち上げて裏を確認してください。裏にもほんのり焼き色がついていたら大丈夫です。

 

 

焼きあがりました~。

ロールパンと同じ材料なので、ジャムやバターなどを付けなくても美味しいです。

 

やっぱり焼きたては、美味しいですよ~~~!

 

翌日も食べるときは、パンが冷めた後で、パンケースか袋に入れて保存しましょう。

 

 

以前、ウサギ、ブタ、車、アンパンマンなどを作りました。

 

 

こいのぼりパンなんかも、良い記念写真になって良いですよ。

 

 

(↓こっちは目が膨らんで金魚みたいになったので失敗)

 

 

「カラスのパンやさん」には、サボテンパン、だいこんパン、おさかなパンなど、いろんな形のパンが出てきます。
基本の作り方さえ覚えたら、子供と一緒にパン屋さんができて、とても楽しいですよ。

 

関連記事

→→フード・インクの記事はこちら・・・買い物は選択。一噛みで世界が変わる。

 

自分で作ると添加物を極力減らせます。
→→手作りナンレシピ
→→カスタードプディングの作り方
→→濃縮めんつゆの作り方
→→手作りピザのレシピ
→→イチゴのショートケーキの作り方
→→ホームベーカリーと、手作り食パン

→→包丁とぎの記事です



有機・低農薬野菜&無添加食品をはじめとする、心から安心できる食品を宅配で!
らでぃっしゅぼーやは、30年以上続く定期宅配サービスの老舗です。