玉川高島屋S・C「生命40億年の旅 ・大むかしの生きもの展 」

夏休みに入る前、息子が小学校で無料券をもらった「生命40億年の旅 ・大むかしの生きもの展」に行ってきたので、紹介しようと思います。

8月8日(月)~12日(金) の期間中、各日16:30、17:30、18:30から「古代生物シアター」特別プログラムが上映されるそうですので、興味を持った方、来週お出かけしてみてはいかがでしょうか。

玉川高島屋S・C 生命40億年の旅 ・大むかしの生きもの展HP

 

見学記

玉川高島屋S・Cの南館では、トロサウルス(たぶん・・・そうだと思う)の骨格模型と記念写真が撮れます。

「生命40億年の旅 ・大むかしの生きもの展」が行われる西館は、この南館の道路を挟んだ斜め側にあります。

 

 

一番迫力のある展示だったのが、5分の3モデル・ティラノサウルスロボット。もっとギクシャク動くのかなぁと思いきや、わりとスムーズに首が動いており、良い撮影ポイントになっていました。

このティラノロボットの前に、「カンブリアンモンスターの世界」というシアター上映があります。

ロボットは、このティラノサウルスのほかに、ケナガマンモスロボットもありました。

 

 

アロサウルスの骨格模型。

 

 

始祖鳥化石のレプリカ。

本物はロンドンの大英自然史博物館にあります。

来年(2017年)3月から6月にかけて、上野の国立科学博物館で開催される「大英自然史博物館展」で、本物が見れるそうですよ。

 


化石や模型ばかりではなく、生き物の展示もいくつかありました。
写真はオウムガイ。他にシルバー・アロワナや、カブトガニなど。

名古屋城のお堀で「ワニっぽいのがいる!」と大騒ぎになったアリゲーターガーの展示もありました。(はやく捕獲されると良いですね)

 


 

化石標本。

写真は・・・なんだと思います?

実は、ゴキブリの化石!(御フランスのゴキブリ)

サイズは、日本でもよく見る「あのサイズ」で妙な親しみがわきます。

 

 

アウストラロピテクス・アファレンシス。約390万~約290万年前に存在した化石人類の一種。

 

研究された結果、アウストラロピテクス・アファレンシスはアウストラロピテクス属とヒト属の共通の祖先であり、現代のヒトに直接繋がっていると考えられているそうです。

このアウストラロピテクス・アファレンシスの骨から復元された模型は、東京上野の国立科学博物館で「ルーシー」として展示されています。
以前見たのですが、かなり小さかったです。

 

 

500円~700円追加で払えば、ワークショップに参加できます。

 

 

写真右上のキラキラ光っている丸いバッジが、「キラキラカンブリアンバッジ作り」で、下のほうにある四角い入れ物が「地層ジオラマ作り」です。

ジオラマつくりは回数が少ないため、参加したい方は午前中に訪れたほうがよいです。私達は13時半ごろ到着しましたが、16時からのバッジ作りしか空きがありませんでした。

売店では、ぬいぐるみや書籍が売られていました。図鑑は重いので、ネットで買うと便利です。

 

 

 

 

 

この本は漫画本サイズだったので、売店で購入。「ものすごい変な生き物が載っていた」と、息子は大喜び。深海生物好きは、古代の生き物もたぶん好きです。

 

 

 

「科学の道を少し歩めば宗教から遠ざかるが、科学を極めれば宗教にたどり着く」と、細菌学者のパスツールは言いましたが、私はこの「人類の起源」ほど、宗教と絡めたくなる分野はありません。

 

 

日本は「進化論」を信じる人が多いですが、私は全く信じていないのです。

 

あの、ナメクジみたいなクネクネした生き物が「私達のご先祖様です」と紹介されても、直感的に「イヤイヤ、違いすぎるでしょ。このナメクジみたいなのが進化して、パソコンや飛行機や宇宙開発できるようになるなんて、あり得ない」と思ってしまうのです。

 

さきほど「アウストラロピテクス・アファレンシス」の写真を載せましたが、これもまた直感的に「近いものはあるけれど、なんか違う・・・」と思うのです。

 

SFですが「猿の惑星 創世記」みたいに類人猿を遺伝子操作して現在の人類の祖先になった・・・なら、ありえるかなぁと。(つまり、宇宙人的な存在を私は信じているワケです。だって、地球の全砂粒よりも多いといわれる星の中で、地球にだけ生命があるって不自然だと思う。きっとよく似た星、・・・いやいや、地球よりももっと恵まれた星があるかもしれない)

国立天文台三鷹キャンパスの記事はこちら・・・宇宙広さを知るならココ。三鷹にあって無料で見学できます。

 

 

・・・私達の遠いご先祖???  これが進化して、宇宙進出するの??
んー。。。。

あなたはどう思いますか?

 

そんなことを息子とブツブツしゃべりながら帰ったのでありました。

ちなみに息子はドラえもんの大ファンで、漫画で進化論を見たため信じています。

 

母は、宇宙人介入説を信じているぞ~!(アメリカ人の30数%は進化論を信じていないそうです。神様が創ったと考えているそうです)

 

 

楽しかったよ、ありがとう!

 

 

交通アクセス

東急田園都市線/東急大井町線 「二子玉川駅」下車、徒歩2分です。
電車の乗り換えはヤフー路線などでお調べください。
大むかしの生きもの展は、アレーナホール 西館1Fで開催しています。

料金について

入場料:大人(中学生以上)600円、小人(3歳~小学生)400円、3歳未満無料
10:00~20:00
最終日は18:00まで
入場は閉場の30分前まで