ィィギャァァァァアアアア!!!  マンションの浴室エプロン掃除体験。

新築戸建てを買ったものの、厚木基地の騒音がうるさくてガマンできず、1年半かけて家を売却し、引っ越した先は築20数年のマンション・・・。

 

もうここに住んで、一年半くらいになるだろうか。

 

静かだし、日当たりは良いし、満足しているのだけれども、気になって気になって仕方のない箇所が一つありました。

 

それが、浴室。

 

 

引っ越してからすぐの風呂場は、なんだか金魚の水槽のような匂いがプーンとし、お風呂にチャプンと浸かりながら、

「なんかアレだなー。見えないところ(壁と湯船の隙間)で、バクテリアわきまくってる気がする・・・」

と、イヤな予感がしていました。

 

「自分で何とかできないかなー」と隙間から、強力カビハイターを大量に噴きかけ、水でザーザー流したところ匂いはマシになり、毎日お風呂を使っているうちに匂いはほぼ無くなりました。

 

けれども、真っ白だったコーキング(壁と壁をつないでいる白いライン)がやたらに黒くなるのが早いし、浴槽の湯を排水すると、浴槽の下の隙間から真っ黒なヘドロのようなビロビロが時々出てくる・・・。

 

とりあえずの対策は、

・隙間からカビハイター
・お掃除ブラシが届くところは隙間から、ブラシを入れて掃除
・シャワーの水量を最大にして、水流で流す

の3つで、1年半くらいごまかしてきました。

 


 

 

そして、去年の年末・・・。

 

「よし! 大掃除で、浴室エプロンを外すぞー」

 

と、気合を入れたのですが、エプロンの下部に手を差し込んだだけで恐くなり、それ以上できなかった・・・。

 

築20数年のマンションで、これまでにどれだけの人が、この風呂を使ったのだろう・・・。

 

うちは24時間、換気扇をつけっぱなしだけども、あまり換気扇をつけずに蒸し蒸し状態でほったらかす人もいたのではないだろうか・・・。

 

 

(おおおおおおお、こわいいいい)

 

 

こりゃもう、専門の人にやってもらうしかない~~!

 

 

 

いろいろお掃除会社を調べたら、けっこう料金が高い

エプロン掃除は単体でやっているところが少なく、風呂掃除とセットになり、だいたい1万数千円~2万円くらいする。

しかも、エプロン掃除は「手が届く範囲での掃除」と、「高圧洗浄」に分かれる会社もある。

もちろん、高圧洗浄のほうが割高です。

 

 

うーん、うーん。けっこう高いなー。

自分でやっちゃう? どうする?

 

 

と悩んでいたら、グルーポンで「風呂掃除&エプロン内高圧洗浄」の格安券を見つけたので即購入。

 

予算2万円くらいかなーと思ったけど、1万円くらいでしてもらえる~~♪

 

 

 

そんなわけで、本日、浴室掃除&エプロン高圧洗浄をして頂きました。

「掃除をしてもらえる」といっても、排水溝に髪の毛など溜まっていると、私自身が恥ずかしい気分になるので、掃除をしておきました。

風呂場が狭いので、シャンプー、椅子、洗面器などの浴室小物は全てベランダに移動し、脱衣所のラックやカゴも別の部屋に移動させました。

 

 

 

ピンポーンとやってきたのは、男性1人。

 

浴室の確認をし、

・コーキングの黒かびは色素が入り込んでいるので取りきれない。
・高圧洗浄機を使うのでコンセントが必要。使用中はけっこう音がする。
・薬剤(次亜塩素酸)を使うのでにおいがする。
・作業時間は、だいたい1時間半から2時間くらいかかる。

との、説明を受けました。

 

 

「すみませんねぇ・・・。自分で掃除をやりたいんですけど、恐くて開けれないんです。汚いところの掃除をお願いして、申し訳ないですけど、よろしくお願いします~」

と、詫びる私に、

「いえいえ。そんなことないですよ。ぜんぜん大丈夫ですよ」

と、お兄さん。

 

 

「エプロン外したところ、撮影しても良いですか? 職場の夫も確認したいと言っていたので」

「もちろん、大丈夫ですよ」

「じゃ、ちょっと、マスクを・・・。お兄さんもマスクをしますか?」

「いえ、別に無くても大丈夫です」

「でも呼吸器系に悪そうな何かが出てきそうな気がしますから~。マスク、いっぱいありますから、どうぞどうぞ」

とマスクを渡し、私とお兄さん、マスクを装着。

 

 

 

お兄さん、エプロンカバーに手をかけた!!!

 

 

 

(キャー、どきどき~~~)

 

 

ガゴン、と外され、浴室の壁に立てかける。

 

 

 

「ィィギャァァァァアアアア!!! 」

 

・・・・・・(°◇°;)

 

 

あまりの衝撃に、「イヤダっ、ギャーっ」が短縮された。

 

 

・・・・・写真、出して良いですかね?

モザイク加工してありますけど。

(モザイク無しを見たいアナタへ。最後に無修正写真を載せますので、お楽しみに。ドッキドキ☆)

 




どうよ、この黒さ

床にはいくつか、黒いかけらが落ちる・・・。

 

 


 


ぐええええええぇぇ~~~~!

 

 

あまりの汚さに、口元を両手で覆い、腰をクネクネしてしまった!

 

 

(うへ~~~!  こりゃあかん~~! あかんやつやーー!)

 

 

年末に自分達で開けないで、ホントに良かった!

 

 

「オマエガヤレ!」で、夫婦喧嘩になっていたかもしれない。

 

マスクをしていたので、ちゃんと匂いをかいだわけではないけれども、とりあえず変なニオイはしなかった。

 

一生懸命、カビハイターを隙間からふきかけて、シャワーでぬるぬるを流していたせいかもしれない。

 

 

「うわぁぁ、きったないーー!  きったないですねーー! めっちゃきったないですねーーー!  すみません、こんなところの掃除を頼んで!」

「いえいえ、まだ良いほうですよ」

「えっ!? これよりも酷いところってあるんですか?」

「たくさんありますよ」

「ヒエェェェ(この人はエライ、と思った)」

「ここ、壁の横のほうですね。ここを、奥様が隙間からカビとり剤をかけていたとおっしゃっていたので、その効果で汚れが落ちているところもあるんですけど、どうしても薬剤が届かないところは残っちゃうんです」

 

 

おおお、ぉおおぉ・・・・。

とりあえず、隙間からプシュプシュ薬剤かけておいて良かった・・・。

 

 

 

ここから先は、プロのお仕事。

あとは、お兄さんにお任せして、リビングで娘とくつろいだ。

プーンと微かにカビハイターのような匂いがしたことと、高圧洗浄機の音が5分くらい聞こえた以外、気になるところはなく、とても静かに作業をしてくださいました。

 

そして、2時間くらい経ったころ、「終わりましたー」と声がかかりました。

 

 


おおっ! ピッカピカ♪

 

浴室エプロン裏のテープに染み付いたカビの色素は、コーキングと同じように、色素が染み付いてしまって取れないらしい。

 

 

 


ハァーー、気持ちいいわぁ。

 

引っ越して一年半。

家族の疲れを癒してくれ、汚れを落としてくれた風呂。

 

築20数年の間に掃除されたのは何回か知らないけれども、久しぶりの洗浄に、浴槽も喜んでいるのに違いない。

 

 

「よかったです~~。綺麗になって~~。自分でこんなにピカピカにするの、無理です~。エプロン外した瞬間に、逃げます~~~」

胸に手を当てて、感謝しまくりました。

 

 

「あまり頻繁にカビるところではないので、だいたい一ヶ月に一度くらい掃除すると、綺麗に保てるかなと思います」

と、お兄さんがニッコリ。

 

 

 

うん、確かに、これくらい綺麗なら、次から開けるのは恐くない!

 

 

また翌月末に開けよう!

 

お掃除のお兄さんが帰ったあとで、ルック おふろの防カビくん煙剤の出番。

 

 

使用の注意は、お水を入れすぎないこと。
黒い点線を超えちゃいけないのだ。

 

 


 


それ~~~っ、防カビくん煙だぁぁ~~~!
銀イオンの煙で、すみずみまで除菌!

 

 


使用中は、煙を充満させるために、お風呂の換気扇を止めます。

うちは、お風呂の通気口もサランラップで塞ぎます。

これで90分以上放置した後、30分間換気して終わりです。

 

 

 

 

イヤー、ほんと、お掃除を頼んで良かった・・・。

すっきりしたわぁ・・・・。

 

 

それにしてもあんなに汚いところ、今まで見たことないわーー。

 

私のように、「気になっているんだけれども、自分で掃除する勇気がないワ」という方、お掃除を頼んでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

では、見たい人がどれくらいいるのか知りませんが、モザイク無しの無修正画像を公開~ぴかぴか(新しい)(テッテレー♪)

 

 

見たくない方は、ミ・ナ・イでね~~~っ。

汚いのがイヤな方は、この後に書いた
TV番組で、カビの美しさを知る。土中のダニはすごかった!
の記事をどうぞ!  綺麗な菌糸の写真を載せました♪

 

 

 

 

 

 

(さあ、引き返すなら、今よっ)

 

 

 

 

 

 

 

 


ンギャーーーッ!(腰クネクネ)

 

 

 

 


私の隙間掃除の成果。

 

 

 

あなたのぉぉ~~♪
お風呂もぉぉぉ~~♪
ひょっとしたら、こうかもしれなーーーーーい~~~~♪

 

 

気になった人は掃除ねっ☆  モヤモヤしっぱなしは、ストレスよっ!

 

 

 

関連記事

→→TV番組で、カビの美しさを知る。土中のダニはすごかった!