椎間板ヘルニアの経過観察入院と、手術入院でかかった費用と、保険について。

椎間板ヘルニアで、二回の入院を経験した夫。

入院①・・・経過観察入院(記事はこちら
入院②・・・手術入院(記事はこちら

 

かかった費用はどのくらいだったのか、簡単に書いておきます。

 

 

一度目の経過観察入院は、五日間の入院と、MRI、CT、レントゲン検査などでした。

保険組合が7割支払ってくれ、こちらは3割負担なので、退院時に払った費用は、6万3,680円でした。

 

二度目の入院は、八日間の入院と、内視鏡手術でした。

こちらも同じく3割負担なので、退院時に払った費用は、21万420円でした。

 

一ヶ月に2度入院してかかった総額は27万4,100円。

 

 

「うわぁ、医療費は3割負担とはいえ、一ヶ月に27万円の支払いかぁ・・・」

 

 

でも、もっと負担金額は少なくなるのです。
それが、高額療養費制度。

医療機関や薬局の窓口で支払った額が、月の初めから終わりまでで一定額を超えた場合に、その超えた金額が戻ってくる制度です。

これは、年齢や所得に応じて、本人が支払う医療費の上限が定められており、いくつかの条件を満たすことにより、さらに負担が軽くなる場合があります。

詳しくは、厚生労働省 高額療養費制度のページで、ご覧になってください。

 


 

夫は会社員で、電設健保に加入しており、療養の給付(家族療養費)、高額療養費(家族高額療養費)が支給される場合に、独自の給付(付加給付)という手厚いサポートがあるため、最終的な自己負担額は20,000円(+食事代と端数)で済むそうです。

(これを聞いて、自営業をしているお父さんは”会社員は補償が手厚いなぁ”と言っていた)

つまり、3割負担で支払い総額27万円ちょっとかかったけれども、電設健保のおかげで支払う金額は2万円+1回目の入院食費5,040円+2回目の入院食費7,200円=3万2,240円(+100円未満の端数)で済むわけです。

休業中の給料補償として傷病手当もあるのですが、有給が120日残っていたそうで、有給消費で休めるらしく、休業中のお給料の心配もしなくて済みました。

 

 

 

あとは、家庭それぞれの好みで加入する保険についてですが、うちは掛け捨てで安い神奈川県民共済に加入しています。

「県民共済活き活き3000」は、月額掛け金3,000円。

補償は、入院日額7,000円、手術給付金20万円もらえるので(手術の給付金は点数により変わる)、
県民共済から、
・入院15日×7,000円=10万5千円
・手術給付金20万円
の、合計30万5000円の給付金が入ってくる予定です。

 

(注意)給付金申請には診断書が必要で、病院の発行手数料として5,400円かかります。

 

 

やっぱり、保険は安い掛け捨てでも入っておいて良かったと思いました。

 

 

簡単にサラリとまとめますと、サラリーマンでいろいろ補償が手厚いことと、県民共済に加入していたおかげで、夫は椎間板ヘルニアを患って入院・手術をし、+26万7,360円になったのでした。

 

 

私の身近な腰痛トラブルと治療を言いますと、夫以外、経過観察で治した人ばかりです。

  • 友達(女)・・・21歳の時、ヘルニアを患い、コルセットを巻いて自然治癒。
  • 父親・・・50歳代の時、ヘルニアを患い、コルセットを巻いて自然治癒。
  • 母親・・・60歳で、腰椎滑り症。現在、経過観察しながら治療中。
  • 義父・・・50歳代で、腰椎滑り症。今治タオル体操をして治した。

 

 

 

 

 

腰を悪くしている方、手術を考える前に、
サーノ博士のヒーリング・バックペイン: 腰痛・肩こりの原因と治療
今治タオル体操

を試してみてはいかがでしょうか。

関連記事

入院①・・・経過観察入院(記事はこちら

入院②・・・手術入院(記事はこちら



読んだだけで腰痛が治る???  夫が手術ぎりぎりまで調べていた本。
「サーノ博士のヒーリング・バックペイン」