【ナゴパイナップルパーク】 パイナップル号に乗って園内を見学。いろんなパイナップル製品を楽しめます

前回からの続きで、沖縄二泊三日旅行の紹介です。

旅行記

ナゴパイナップルパークは、【沖縄美ら海水族館(ちゅらうみすいぞくかん)】や、世界遺産の【今帰仁城跡(なきじんじょうあと)】から近いので、セットで回るのをおススメします。

前回取り上げた【今帰仁城跡(なきじんじょうあと)】からナゴパイナップルパークまでは、車で20分の距離。

公共交通機関で行くと不便なので、日帰りバスツアーを利用すると便利です(私達はバスツアーで行きました)。

車で行く方は、駐車場無料です。

 

 

ナゴパイナップルパークは、ワイナリー、土産物売り場、レストラン、パイナップル園を備えた大きな施設です。

入場料は大人880円、中学生600円、小学生450円、小学生未満は無料です。(2020年4月に料金改定予定なので、訪れる前に公式HPで確認してください)

 

赤い三角屋根、パイナップルオブジェが並ぶ派手なナゴパイナップルパーク。(グーグルストリートビューの写真)

素通りできない魅力的な外観。

 

 

入り口には記念写真スポットがあります。(出典:サトチさん 写真AC

 

 

ナゴパイナップルパークはとても広いので、「パイナップル号」という自動運転の黄色いカートに乗って、園内を巡ります。(出典:サトチさん 写真AC

乗車時間は10分。

 

 

園内にはパイナップルの可愛いキャラクターがたくさんあり、子供が喜びます。

 

パピマルくん。

 

ピーチちゃん。(なぜ桃!?)

 


 

小さなパイナップルに驚きました!  可愛いですね。

パイナップルの種類は全部で約2,000種類あり、食べられるパイナップルはたったの106種類なのだそうです。

写真の小さなパイナップルは、姫パインという観賞用のパイナップルです。

 

 

私達が訪れた2012年はパイナップル食べ放題コーナーがあり、お腹いっぱいパイナップルを食べれたのですが、いつごろからか無くなってしまったようです・・・(残念!)

食べ放題のメインはスウィートパインで、別のテーブルに手でちぎって食べる「スナックパイン」があり、美味しくて驚きました。

 

 

手でちぎって食べるスナックパイン。(出典: Koenigさん、写真AC

 

パイナップル食べ放題、パイナップル食べ比べ、パイナップルを使ったお菓子や飲み物の試飲試食があり、とても充実していたのですが、現在はどのようになっているのでしょうか・・・。

 

土産物売り場もとても充実しているので、名護の観光に組み込むのをおススメします。

 

以上で、二泊三日の沖縄旅行は終了です。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

→→2012年・GW 沖縄県 二泊三日旅行の行程・・・公共交通機関を利用して、二泊三日で9ヵ所まわりました。

 

(この旅行記は2012年です)

 

 

関連記事

沖縄旅行の記事です。

→→【首里城(しゅりじょう)】の記事はこちら

→→【玉陵(たまうどぅん)、金城町石畳道、金城の大アカギ】の記事はこちら

→→【ガンガラーの谷】の記事はこちら

→→【おきなわワールド】の記事はこちら

→→【万座毛(まんざもう)】の記事はこちら

→→【沖縄美ら海水族館(ちゅらうみすいぞくかん)】の記事はこちら

→→【今帰仁城跡(なきじんじょうあと)】の記事はこちら

交通アクセス

公共交通機関で行く場合、ワタジャ原バス停から 徒歩で約 5分。バスツアーを利用して行くと便利です。

車で行く場合、駐車場は無料です。

料金

大人880円、中学生600円、小学生450円、小学生未満は無料です。(2020年4月に料金改定予定なので、訪れる前に公式HPで確認してください)

9:00~18:00(年中無休)

近くの宿泊施設

コンドミニアムホテル ナゴリゾート リエッタ中山。ナゴパイナップルパークから450m。徒歩6分。

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は夜行バス比較サイト【バスブックマーク】

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。



ツアーはラクで便利! 

国内旅行はクラブツーリズムがオススメ!