自殺するくらいなら、数年休む気もちで、生きよう。 肉体が死んでも、魂は消えない

私は従兄弟を自殺で亡くしています。

 

彼は、私よりも10歳年上で、子供のころよく遊んでもらいました。

 

小学生のころ、親にねだって買ってもらった1,000ピースのパズルが難しくて困っていたら、その従兄弟はパズルを引き受けてくれ、数日かけて作ってくれました。

 

 

「できたよ」と、手渡してくれた時は、嬉しかった・・・。

 

 

小さなころは従兄弟みんなで集まって遊んでいたけれど、成長と共にそういうつながりもだんだんと無くなり、数年に一度しか会う機会が無くなりました。

 

最後に会ったのは、祖母が入院した時の病院だったかな。

 

私は高校生になっていて、自分自身にも悩み事がたくさんあったので、従兄弟には話しかけませんでした。

 

中学生の頃に登校拒否を経験して、「人間関係がうまくいかないなー」とずっと悩み、せっかく合格した高校を中退。後に別の学校に転校したのです。

 

一番の理解者であろう親は、親戚の中で唯一登校拒否と高校中退をした私を、「恥ずかしい」「邪魔だ」と思っていたようで、親に否定されてしまった私は、当然親戚も冷たい目で見るだろう、他人も冷たい目で見るだろうと、なんだか怖くて、ひたすら下を向いて生きていました。

 

高校を卒業した後は、専門学校に進み、病院で働きましたが、「人間関係の難しさ」というのはずっとついて回り、日々、鬱々としていました。

 

職場で、たくさん亡くなっていく患者さんを見て、
「人間って最後には死ぬのに、なんで生まれてきたんだろう?」
と、生まれることの不思議と、最後には「死ぬ」という痛いほどの現実に、頭が酷く鈍く重く、胸がつぶれるような思いを抱いていました。

 

 

 

そんなある日、連絡が入りました。

 

従兄弟が死んだと。

 

 

電話を受けたのは父でした。

 

 

父は、「えーっ!?」と絶句し、「●●くんが・・・、本当に?? 亡くなった? なんで?」と尋ね、ウンウンとうなずきながら、涙をぽろぽろ流していました。

 

私は隣にいて、父が電話の合間にこぼす言葉から、従兄弟は事故で亡くなったのだと知りました。

 

 

とても悲しくて、父と一緒に泣きました。

 

 

翌日、お通夜に行きました。

 

 

 

そこで知ったのは、従兄弟は事故で死んだのではなく、一人線路に立ち、電車にひかれて即死したということでした。

 

どうやら、職場の人間関係で悩んでいたようで、ベッドの下から転職関係の本がいくつか出てきたそうです。

 

次の週には、友達と遊ぶ約束もしていたようで、突然のことでした。

 

 

 

お通夜は、みんな始終無口でした。

 

 

 

私は帰宅して、一晩中泣きました。

 

どれほど泣いたでしょうか、夜中に、スー・・・と冷たい風が、頬を撫ぜました。

 

窓もドアも閉めているのに、冷たい風を頬に感じたのは、初めての経験でした。

 

なんとなく、従兄弟の存在を感じました。

 

 

 

翌日は、お葬式、火葬、収骨でした。

 

従兄弟は電車に轢かれたため、足の骨は全く残りませんでした。

 

従兄弟が、とても気の毒に思えました。

 

叔父、叔母も、さぞかし辛かっただろうと思います。

 

 

 

四十九日の法要が終わるころには、叔父と叔母も、ある程度気持ちの整理がついたようで、こんな話をしてくれました。

 

お通夜の準備のため帰宅したら、ひとりでに玄関の戸が、カラカラ・・・と開いたのだと。

 

一人分、ス・・・と通れるだけ、静かに開いたのだそうです。

 

 

「うちに帰って来たんだ」

 

 

と、思ったそうです。

 

 

 

 

あれから、もう何年たつでしょうか。

 

15年くらいになるのかな・・・。

 

今でも、優しかった従兄弟を思うと、胸が痛みます。

 

 

まじめで繊細な人は、人に傷つけられると、怒りを相手に向けないで、自分自身を傷つけて、追い込んでしまうのだと思います。

 

どうか、早まって自殺するくらいなら、数年休む気持ちで、生きてください。

 

生きるということは、たぶん、川を流れる落ち葉のようなもので、時には引っかかったり、渦にはまってクルクルと回り続けることもあるでしょうが、それでも川(時)は、流れ続けています。

 

ずっと、引っかかったまま、ずっと渦に巻き込まれたままではないと思うのです。

 

たとえ、渦の中に、長い間、巻き込まれていようと、いつか出られるのだと思います。

 

お通夜の日、自宅の玄関をカラカラと開けた従兄弟の魂は、今はどこにあるのかな。

 

 

「肉体が死んでも、魂は消えない」

 

 

私は霊魂が見えるわけではないので、わかりませんが、きっとそうなのだと思います。

 

 

 

また、人間は輪廻転生を繰り返しているようです。

 

 

これも、私には確かめようがありませんが、以前アカシックレコードを見ていただいたら、私にはいろんな過去生があったそうです。
戦争で人を殺し、自分も殺されたのだそうです。

 

 

きっと、みんな、いろんな人生を歩んできて、「今だけしかない舞台」に生きているのだと思います。

 

 

怒ったり、笑ったり、喜んだり、泣いたり、生きるのが嫌になっちゃったり・・・、それも全て「今だけしかない舞台」なのだと思います。

 

 

ですから、自分で早まってステージを下りずに、どうか生ききって下さい。

 

 

そして、そばに辛そうにしている人がいたら、そっと寄り添ってあげてください。

 

 

辛い思いをしている方は、自分の経験がきっとだれかの役に立つ時が来るのだと、自分の成長になっているのだと、誇りを持ってください。

 

 

今日も、みんな、それぞれ、楽しいこと、辛いこと・・・いっぱい抱えて、時には休みながら、ゴール(肉体の寿命)に向けて、歩んでいます。

 

 

 

私も、貴方も、あの人も、世界中のみんな、そのゴールを目指す一人、「仲間」です。

 

 

———————————————————————–

 

(2021年追記)

個人的な話なのですが、先日、「乳がん宣告」を受けました。

思ったよりもガンが進行していて、
「私は、あまり長く生きられないかもしれないな・・・。あの世はどうなっているのだろう」と疑問が浮かび、さまざまな本を読みました。

特に感銘を受けたのが、マイケル・ニュートン博士の本で、

死後の世界が教える「人生はなんのためにあるのか」

「死後の世界を知ると人生は深く癒される ――退行催眠67ケースから分かった魂の誕生、記憶、そして運命」

の二冊には、私達が死んだ先の世界「霊界」のことが、たくさんの被験者の退行催眠で語られており、私達の本来の世界はあちら(霊界)であり、この世(物質界)には魂の修行のために来ていると書かれてあります。

 

「死後の世界を知ると人生は深く癒される ――退行催眠67ケースから分かった魂の誕生、記憶、そして運命」の158ページには、ニュートン氏のもとを訪れた被験者(女性)の興味深い話が載っています。

この女性は、前世で妊娠二か月の時、恋人が事故死したのを悲観し、誰にもすがれず、村の池に入水自殺をしたのだそうです。しかし、霊界に戻った後、「他の選択肢」を見せられて、自殺したことを非常に後悔したそうです。

 

(別の選択肢1)母親に妊娠したことを告げて、受け入れてもらい、親と共に子供を育てる未来。

(別の選択肢2)両親に妊娠したことを告げたところ、一家で別の村に引っ越しをすることになった。父親は引っ越しのために財産を失って、家族の生活は貧しくなった。しかし、後に女性は別の男性と結婚し、家族は離散せず、みんなで子供を育てた。

(別の選択肢3)両親に妊娠をしたことを告げたところ、親は受け入れてくれなかった。そのため、わずかなお金でロンドンに行き、女給の仕事に就いて一人で子育てをすることに。後に別の男性と知り合ったが、路上生活をすることになり、赤ちゃんと一緒に死んでしまう。

(別の選択肢4)両親に妊娠をしたことを告げたところ、村を出ていくようにと言われたので、行商人の荷車に乗って地方の村々をまわることになった。ある家族の下で働き口をみつけ、その街で未亡人のまま子供を育てた。

 

 

さて、これを読んで、あなたはどのように思われたでしょうか。

辛いことがあると、「もうイヤだ。死んでしまった方が良い」と思う気持ちはわかりますし、私の従兄弟もそのように思ったため、自分で自分の肉体を殺してしまいました。

しかし、さきほど書いた「過去世で、自殺をした女性の退行催眠の話」のように、私達にはたくさんの選択肢があるのです。

私達一人一人には「自由意志」が与えられています。

自分のことは、自分でどのようにも変えられるのです。(他人を変えるのは難しいし、その人の自由意志の侵害になるが、自分の思考や行動は自分のものです)

 

辛いことがあったら、悲観せず、まずはゆっくり休んでください。

そして、周りの人に助けを求めてください。

 

人生は、「幸福を求めるため」「自分の魂をみがくため」にあります。

 

 

私自身も、命が尽きるまで、精いっぱい生き抜きますから、どうか、あなたも精いっぱい生き抜いてください。