【富士花鳥園のアジサイ、クリン草】 道の駅「朝霧高原」で買い物をして帰る

前回の記事、富士花鳥園の続きで、2016年6月の日帰りレジャー、最後の記事です。

旅行記

富士花鳥園のペンギンプールわきから、花の生産場へ行けます。

ものすごーーーく長いです。(富士花鳥園の中で一番長い建物)

写真の左側では、ベゴニアなどを育てていました。

 

 

 

いろんな種類のアジサイが綺麗に咲いていました。









花鳥園グループで独自に交配をすすめてきた「加茂セレクション」など、珍しいアジサイを見ることができます。

 

 

(スポンサーリンク)

地上波が報じない
世界のタブー
「日本人が知っておくべき世界の裏側」
全6講義セットを今なら無料でプレゼント
*439人のレビューで平均満足度4.7*

著書80冊以上の会員制レポートを発行する
国際政治学者のビデオ講座が、今なら無料

無料で手に入れる

 

 

 

花の生産場の端には、フラミンゴやおしどりなどがいて、エサやりが出来ます。
餌は1カップ100円。

このフラミンゴコーナー脇から外へ出られ、前頁で紹介したエミュー広場と、屋外バードショー会場があります。

屋外バードショー会場の近くにある、大きな池には、コイ、カモ、アヒルがいました。

 

 

池沿いにテクテク歩くと、クリン草の花束畑があります。

いや~~、奇麗ですねぇ。明るい気分にさせてくれますね。

 

クリン草の見ごろは5月中旬から6月中旬です。

 

 

最後に、道の駅朝霧高原について、簡単に紹介しておきます。

道の駅朝霧高原は、富士花鳥園の北側にあり、1kmくらいしか離れていないので、徒歩10分くらいで行けます。

大きな道の駅で、広い駐車場があり、観光ツアーの寄り道にもなっているらしく、たくさんの観光バスが止まっていました。

雑貨なども取り揃えているのですが、オススメは乳製品・ハム類です。

ちょっとお値段は高いですが、美味しいです。

 

他に、生のキクラゲ、野菜、果物を買いました。

 

 

創味シャンタンを溶かしたスープに、たまごと刻んだ生きくらげを入れて食べたら美味しかった!
生のキクラゲを食べたのは初めてでした。

 

 

 

公共交通機関で富士花鳥園へ行かれる方は、最寄バス停が道の駅朝霧高原なので、ついでに寄るのをオススメします。

レストランや軽食コーナーもありますよ。

これで、2016年6月の日帰り静岡・山梨県レジャーを終わります。

読んでくださりありがとうございました。

 

楽しかったよ、ありがとう!

 

 

(スポンサーリンク)

地上波が報じない
世界のタブー
「日本人が知っておくべき世界の裏側」
全6講義セットを今なら無料でプレゼント
*439人のレビューで平均満足度4.7*

著書80冊以上の会員制レポートを発行する
国際政治学者のビデオ講座が、今なら無料

無料で手に入れる

関連記事

→→富士花鳥園の記事はこちら・・・道の駅朝霧高原から、徒歩10分。バードショーや、鳥とのふれあいが楽しい施設。いろんなフクロウがいます。

交通アクセス

→→富士花鳥園の記事と同じです

お得で便利な、旅の予約サイト