【山梨県立リニア見学センター】 走行日をHPでチェックしてから行こう。リニアの問題点

今日は、山梨県にあるリニア見学センターについて書きます。

「どきどきリニア館」と「わくわくやまなし館」の2つあり、どきどきリニア館のほうは有料施設ですが、わくわくやまなし館は無料で入れます。

リニアは2027年ごろに、品川~名古屋の走行が開始される予定ですね。
走行時間は40分になる予定だそうです。

夫と息子が訪れたのは、2015年でした。(私は娘とお留守番)

レジャー記

まず、公式HPの「リニア走行試験日」をチェックしてから行きましょう

リニア走行試験の運転予定は、通常毎週金曜日夕方に翌週土曜日までの予定が発表されます。

夫と息子は、時間の都合でリニア走行を見ることができませんでした。

 

 

見学センター1階。
リニアを学ぶコーナーです。
世界最高速度581km/hを記録した試験車両の実物が展示されています。

 

 

リニアの中に入れます。

 

 


 

 

2階にあるミニリニア。
2人乗りです。
浮上走行します。すい~~~っと動きます。

 

 

リニアの仕組みに関する展示もいくつかありました。
うちの息子は超伝導の仕組みが気になったようで、じーーーっと観察していました。

 

 

全長17mのジオラマ。

他に、リニアを見学できるラウンジやシアター、リニアグッズの買える売店もあります。

そんなに広くない施設ですが、けっこう楽しめます。

 

 

試験走行日は、こちらの窓からリニアを見れます。

 

 

リニア・・・夢の超特急。

でも、問題もいろいろあるんです。

詳しく解説されているサイトがあるので、リンクを貼っておきます。

 

ネットワーク地球村 5分で分かるリニア新幹線の問題点

IWJ Independent Web Journal リニア新幹線問題

それでもあなたはリニアに乗りますか misaのブログ

 

一度スタートさせた事業は、なかなか中止にできない難しさがあるのかな、と思います。

 

かっこいいとか、便利だとかで済ませられない現実・事情があることに驚かされます。

 

「リニア 問題」の検索ワードで、情報サイトがたくさん出てくるので、興味をもった方、調べてみてくださいね。(訴訟問題に発展しています)

 

 

 

関連記事

→→リニア、あなたはどう思う?・・・建設地でも賛否分かれる問題。メリットはもちろん、デメリットも含めて知りましょう。

交通アクセス

公共交通機関で行く場合、JR中央線大月駅で下車して、駅前バス停より「リニア見学センター行」路線バスに乗り、「リニア見学センター」バス停下車です。
乗車時間は15分。料金は300円です。

大月駅からリニア見学センター行きのバス(行きのバス)は、8:50、9:45、10:45、12:45、13:45のみで、少ないです。

リニア見学センター発大月駅行きのバス(帰りのバス)は、11:15、13:15、14:40、16:15、17:15のみで、やっぱり少ないです。

大月駅~リニア見学センター間のバスに乗れなかった場合は、電車を禾生駅で下車して20分歩くか、タクシーになります。
富士急山梨バス 路線バスのページ

車で行く場合、140台収容可能な無料駐車場があります。

料金について

大人420円
高校生310円
中学生・小学生200円
毎週土曜日は、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校に在学している方は無料になるそうです。
毎週月曜日が休館日です。年末年始も休みです。
開館時間は9時から17時までです(入館は16:30まで)。

近くの宿泊施設

ビジネスホテル浜野屋。大月駅出てすぐ。