上野こども遊園地が、8月末で閉園していました・・・。

かなり短い記事になりますが、まだ知らない方もいるかと思うので、取り上げておきます。

 

 

上野に4年ぶりに遊びに行ったのですが、上野こども遊園地が閉園していることを3日前に知りました。

 


 

4年前に撮った写真。

この時、息子は3歳で、3つだけ乗り物を乗りました。

古くて小さな遊園地でしたが、1回100円とアトラクションが安くて、程良く賑わっていて、また上野動物園に来たらセットで遊ぼうと思っていました・・・。

 

 

 

4年経ち、三日前に訪れた時に撮った写真。

ゴンドラなどが外され、ガラーン・・・としていました。

 

「え・・・、え・・・、閉園しちゃたの??」

 

 

閉園のお知らせ。

70年間ありがとうございました。
上野子供遊園地は、終戦の翌年から70年間に渡り、たくさんのお客様・お子様の笑顔に触れることが出来ました。
このたび、地主である東京都から「動物園の魅力を高めることを目的とした正門前広場の整備工事」の支障となると許可を取り消されましたので、やむを得ず8月31日をもちまして廃業いたしました。
70年間という永きに渡り営業を続けることが出来ましたのも、ひとえに皆様方のご愛顧の賜物とスタッフ一同、心より感謝申し上げます。

と、書いてありました。

 

 

「ええええ、閉園しちゃったの? うわぁぁぁ・・・・寂しい~~・・・」

ガラーンとした遊園地にショックを受けていると、後ろを60歳代くらいの男性が、

「うん、ホント、さみしいよね~」

と言いながら、通り過ぎていきました・・・。

 

 

私は4年前に初めて遊びに来て、今回は二回目ですから「寂しい」と言ってもたいしたことないのでしょうが、東京で生まれ育ち、何度も何度も足を運んだ方は、心の底から寂しかったでしょうね・・・。

 

70年の営業ですからね・・・。

 

子供の時に親に連れてきてもらい遊び、結婚して親になったら子どもを遊ばせ、その子も親になり、じいちゃんばあちゃんになって孫を遊びに連れてくる・・・と三代で楽しまれた方も、ずいぶんいらっしゃるんじゃないでしょうか。

 

 

東京新聞 上野こども遊園地閉園の記事

 

・東京五輪・パラリンピックが開かれる2020年に向け、都が進める公園の大規模な改修で立ち退きを求められた。
・遊園地の跡地には現代的なオープンカフェのある広場ができる。
・空襲で焼け野原となった東京で「子どもたちに夢を」と、西村さんの祖父、鷹之丞(たかのじょう)さんが一九四六年にオープンした
・隣接の飲食店でパンダの形をした人形焼き「パンダ焼き」が名物だった「桜木亭」も六月末で営業を終えた。

 

「全ては、移り変わり行くものである」と、わかっているものの、寂しいですね・・・。

 

 

跡地に出来るカフェは、来年オープンするそうです。

新しい施設で、また新しい思い出が刻まれていくんでしょうね。

・・・いやぁ・・・、それにしても、ショックだったぁ・・・.

 

 

2歳の娘と、7歳になった息子を、遊ばせてあげたかったなぁ・・・。

 

 

 

関連記事

上野の記事です。

→→上野動物園。世界三大珍獣が見られる、日本最古の動物園。

→→【国立科学博物館】 さすが国立の博物館! 展示が豊富で一日じゃ足りないっ! コンパス体験

→→【上野恩賜公園】 広大な公園に12の施設がある。上野精養軒のハヤシライスを食べた

→→【摺鉢山(すりばちやま)古墳】 1500年前の前方後円墳が上野にある

→→【上野東照宮】 震災・戦災を免れた貴重な文化財。祭神は、徳川家康

→→【上野の清水観音堂】 寛永寺の諸堂で、天海が創建した。歌川広重の浮世絵にも書かれた「月の松」

→→【アメヤ横丁】 上野公園のすぐ近く。年末用品の買出しや、グルメなど