チョットnow記

ちょっと出かけて、色色知見。「旅は学び!」 四人家族の旅行記です。

三重県旅行記

【旧・伊勢安土桃山文化村】 お得な「まわりゃんせ」がオススメ。2018年の春、新規開業

投稿日:2017年6月6日 更新日:

今日取り上げるのは、伊勢安土桃山文化村。

私達が訪れたのは、2007年7月(10年前!)で、「まわりゃんせ」を利用しました。
まわりゃんせはこちらでご覧ください

 

めっちゃお得ですよ、まわりゃんせ! オススメです。

旅行記

もう一度言いますが、これは2007年に訪れた時の写真ですので、参考程度にご覧ください。

現在の施設を活かしながら2018年の春に新規開業する予定だそうで、ずいぶん変わると思います。

 

 

伊勢安土桃山文化村への無料送迎バス。

鳥羽駅から出ており、乗車時間は20分ほど。
10年前は一日に何本か出ていたような気がするのですが、現在は1日1本のみだそうです。

まわりゃんせを持っていると、現地のバスに乗り放題なので、無料送迎バスがなくてもあまり困らないかな。

 

 

 

伊勢安土桃山文化村の入園口。

入園料は大人2500円で、パスポートは大人3900円です。

けっこう高いのですが、「まわりゃんせ」の提携施設なので、まわりゃんせで三重観光をする人には大変お得です!
まわりゃんせはこちらでご覧ください

 

 

 

丘の上にある安土城にも入ることが出来ます。

安土城の城主は、戦国の覇王、織田信長。

・・・が、安土城はですね、滋賀県にありました。三重県ではないのですよ。

なぜ三重県に安土城があるのか・・・、それは、テーマパークですからね! まあ、いいじゃないですか。

ちなみに、滋賀県の安土城跡は、【安土城跡】の記事でご覧ください。現在は、城の復元などされておらず、城跡の散策ができます。

 

 

 

実は、私達が訪れた時、三重県に台風が上陸してました。

 

 

 

暴風&豪雨。

今なら子どもが二人居ますから旅行をキャンセルするのですが、この時はまだ独身だったので台風なんか気にしない。

 

とにかく雨がすごくて、足元がビッショビショになって大変でした。

 



伊勢安土桃山文化村のキャラクター「にゃんまげ」。

日光江戸村のキャラクターとしても有名でしょうか。

 

伊勢安土桃山文化村はかつて、日光江戸村グループでしたが、後に独立しました。
開業当初は年間200万人のお客さんが来たそうですが、2015年には8万人にまで減少し(ずいぶん減りましたね!)、2018年の春から、温泉大浴場や刀鍛冶工房、侍・忍者に変身できるコスプレ施設、忍術学校などを新たに加えてリニューアルオープンするそうです。

安土城は1泊500万円のホテルとして利用される予定なのだそうです。

一泊500万円! 泊まる人いるのかなー。

 

 

 

お化け屋敷。

2017年6月現在はお休み中のようですが、私達が訪れた時はあんまり恐くないお化け・妖怪で、子供でもすんなり入れるんじゃないのかなぁと思いました。

 

 

 

ツインテール?

 

 

怨霊首無寺。信長さんの首が飛ぶお化け屋敷です。

 

 

 

 

これはコワイ!

 

 

 

 

変なところに一円玉があるのが気になる・・・。

2016年6月現在は、リニューアル工事のため閉館。

ここは、子供には恐いんじゃないのかなぁと思いました。どんなふうにリニューアルされるか楽しみですね。

 

 

 

伊賀忍者妖術屋敷。

水が低いほうから高い方へ流れたり、平地なのに斜めになっていたり・・・と、錯覚を利用した建物です。
他に「忍者からくり迷路」、「忍者修行砦」も結構面白かったです。

 

 

 

安土桃山城。

ちょっと離れたところにあるので、園内バスで移動します。

原寸大(43m)で、レプリカ建築として忠実に再現されているそうです。

 

先ほど書いたことを繰り返しますが、安土城(あづちじょう)は織田信長が築いた城で有名です。
琵琶湖東岸の安土山にあったのですが、天守閣などは焼失してしまい、現在は城址が特別史跡となっています。

安土城は滋賀県で、三重県ではありませんよ!

 

 

東京の印刷博物館で、期間限定上映の「安土城VR映像」を見ましたが、水路を上手に利用した美しいお城だったようです。

 

 

VR安土桃山城は、滋賀県の「信長の館」で見れるようです。

→→VR安土桃山城

 

 

VR安土桃山城のダイジェスト版を張っておきます。

 

 

安土城の2階から5階は再現ジオラマになっています。

建物内はほぼ資料館ですが、2018年の春から一泊500万円のホテルになるらしいので、ずいぶん変わるでしょうね。

目玉は7階の「黄金の間」です。

全部、金ピカ。

 

 

こちら、6階からの眺望。

台風上陸中~~。

お天気が良ければ、水田が太陽の光を反射させて、キラキラと眩しいでしょうね。

信長は琵琶湖のほとりに安土城を立てましたが、南側以外は全て湖に面していたようで、大変眺めがよかったと思います。

 

 


 

 

次はお芝居の紹介。大江戸劇場紅屋。

花魁が、お客さんから1人指名して、舞台へ上げます。

なんと、夫(この時はまだ恋人)が指名されて舞台へ上げられ、ちょんまげをかぶって芝居をしました。

 

 

 


選ばれた方は、恥ずかしがらないで、殿様になりきって楽しみましょう!

殿様役をがんばったら、花魁さんとツーショット写真をプレゼントしてくれます。(10年前のはなしね。今でも写真プレゼントやっているのかな?)

 

 

 

・・・なんだったかなぁ。名前は忘れましたが、良い劇でしたよ。

最後に登場人物が死んじゃって、ホロッと泣いたような気がする。

オススメの「大忍者劇場」は、ムービーと写真撮影禁止です。

バック転などを身軽にこなし、けっこう迫力がありました!

他に「山田奉行所」といって大岡越前のショーがあったのですが、お休み中でした。

 

「忍者資料館」は忍者好きには嬉しいでしょうし、吹き矢・弓矢のゲームもあるようですが、係りの人が居ませんでした。台風の日だからかな?

 

 

 

展示を見ていたら、「うっ! やられたぁ!」とお腹を押さえながらスタッフさんが入ってきた。

面白かったあの人は、今、どうしているのかなぁ。

 

 

 

金ぴかの菅原道真像。天満神社・天神社のご祭神で、学問の神様ですね。

天満神社の総本宮が京都にあります。

→→北野天満宮の記事はこちら・・・天満宮・天神社の総本宮。菅原道真公は、学問の神様であり、日本三大怨霊の一人です。

 

 

安土桃山文化村は、あちこちで施設の老朽化が目立ちましたが、お芝居はとてもがんばっている感じがして楽しかったです。

 

私達は体験しませんでしたが、「変身写真館」といって、安土桃山時代を再現した衣装(50種類以上から選ぶ)を着て写真を撮ったり、村内を歩き回ったりできるそうです。

 

来年の春、リニューアルオープンするそうなので、楽しみですね。

 

 

次は、鳥羽水族館を取り上げたいと思います。

→→鳥羽水族館の記事はこちら・・飼育種類数日本一。全国で第二位の入館者を誇ります。日本で唯一ジュゴンが見られるところ。

 

 

関連記事

→→【安土城跡】 織田信長が天下統一を夢見た城。信長の死にはなぞがある・・・滋賀県。安土城、本物の城跡です。

 

伊勢安土桃山文化村と同じ、二見浦エリアの記事です。

→→二見興玉神社の記事はこちら・・夫婦岩で有名。三重県で二番目に参拝者が多い神社です。

 

三重県内のレジャー施設の記事です。

→→なばなの里。チューリップ祭り、イルミネーション、ベゴニア館

→→「志摩スペイン村・パルケエスパーニャ」 500円のフラメンコショーがオススメ!

→→鳥羽湾めぐりとイルカ島。私が見た中で、一番ゆる~~いイルカショーだった

交通アクセス

鳥羽駅からバスに乗車、20分。一日一本だけ無料送迎バスが出ています。
二見浦駅から行く場合、バスの乗車時間は5分。徒歩で行く場合、15分。
電車の乗り換えはヤフー路線などでお調べください。

車で行く場合、無料駐車場があります。

料金について

入園料大人2500円、パスポートは大人3900円。(2018年春のリニューアルオープン後は、料金が変更されるかもしれません)
子供料金、団体料金、三重県民にお得な日がありますので、料金案内でご覧ください

まわりゃんせの提携施設なので、お得に利用できます。
まわりゃんせはこちらでご覧ください

営業時間は9時から17時。

近くの宿泊施設

大石屋。二見浦駅に近い旅館です。夫婦岩にも近いです。

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は【バスリザーブ】で格安高速・夜行バス予約

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。

-三重県旅行記
-,

執筆者:チョットnow


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【鳥羽水族館】 飼育種類数日本一(約1200種)。日本で唯一、ジュゴンを飼育展示しています

今日取り上げるのは、鳥羽水族館。 関西で大きな水族館というと、大阪の海遊館(また後日取り上げます)、三重の鳥羽水族館、京都水族館でしょうか。   ウィキペディアによると、全国第一位の入館者を …

【御師の家森新、倭姫命の旧跡地】 伊雑宮のすぐ近くで、謎らしい

今日は地域活動で多摩川沿いのゴミ拾いをしてきました。 疲れたけど、綺麗になって良かったぁ。 心が喜ぶことは、どんどんやったほうが良いなーと思いました。 とっても気分爽快!   さてさて、昨日 …

【なばなの里】 チューリップ祭り、イルミネーション、ベゴニア館が美しい!

前回からの続きです。 二泊三日の愛知県・三重県旅行の初日。 名古屋市のトヨタ産業技術記念館を見学した後、名古屋駅へ向かいました。 次の目的地は、三重県桑名市なばなの里です。 目次1 旅行記1.1 関連 …

【伊勢神宮内宮】 私達は宇宙の法則の中で生きており、一人一人の中に神様がいる

二泊三日の愛知県・三重県旅行の二日目の紹介です。 【伊勢神宮外宮】を参拝した私達は、バスに乗り内宮へ向かいました。 目次1 参拝記1.1 関連記事2 交通アクセス3 フリー切符4 料金について5 近く …

【伊雑宮(いざわのみや・いぞうぐう)】 志摩国一宮、伊勢神宮内宮の別宮で、謎があるらしい

前回のサンペルラ志摩に宿泊からの続きで、故郷和歌山市から海沿いに紀伊半島をぐる~っと周り、反対側の三重県へ抜ける旅です。   この日は名古屋から新幹線に乗って神奈川へ帰る必要があったのでゆっ …

管理人:チョットnow

年齢:30代後半

居住地:神奈川県

 

遠距離恋愛がきっかけで旅行の楽しさに目覚め、結婚後もいろんなところに出かけています。

マイホームも、マイカーもいらない!(家の購入失敗して4年で売った~、大変だったわ!)

とにかく、旅がしたい!  旅は新発見の連続!

現在は国内旅行がメインですが、子供がもう少し大きくなったら海外旅行もたくさんしたいです。

この人生一度きり。

いろんな所を見て、心の思い出ボックスをいっぱいにしたいと思います。

詳しい自己紹介、ブログの注意事項はこちらのページでご覧ください。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いいたします(*^_^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ