チョットnow記

ちょっと出かけて、色色知見。「旅は学び!」 四人家族の旅行記です。

岩手県旅行記

盛岡じゃじゃ麺の元祖「白龍(パイロン)」 盛岡駅店。じゃじゃ麺の食べ方

投稿日:2017年9月27日 更新日:

いくつか記事を書いてきましたが、これが岩手観光最後の記事です。

 

旅行記

岩手山焼き走り熔岩流を見た後、盛岡駅でレンタカーを返却した私達は、新幹線が出るまでの2時間を盛岡駅ビルで過ごしました。

時間があるから、盛岡三大麺のどれかを食べたいなぁ・・・、と思ったのですが、「わんこそば」は一人2000~3000円と値段がちょっと高く、時間もかかる。「盛岡冷麺」は、8歳の息子と3歳の娘は、たぶん食べないんじゃないのかなぁと思った(キムチついてるし)。
消去法で残った、盛岡じゃじゃ麺を食べることにしました。

 

 

白龍(パイロン)の盛岡じゃじゃ麺。

盛岡じゃじゃ麺を扱うお店はいくつかあるようですが、白龍(パイロン)は盛岡じゃじゃ麺の元祖です。

 

初代主人である高階貫勝さんが、満州時代に味わった「炸醤麺(ジャージアンミエン)」を元に、終戦後の盛岡で、日本の食材を使って屋台を始め、盛岡の人たちにあうように創作したのが「盛岡じゃじゃ麺」。

 

本店は盛岡駅から車で8分のところですが、盛岡駅ビル内にも店舗があります。

 

白龍のじゃじゃ麺は、もちもちしたうどんにきゅうりとショウガ、肉みそが乗っかっており、まずはまぜまぜして食べます。

味が気に入ればそのままでも良し、アレンジしたいならそれも良し。

 

 

 


 

 

テーブルには、醤油、ラー油、酢などの調味料が置かれてあるので、自分好みの味に調えて食べる。

私は、酸っぱ辛いのが好きなので(四川料理、タイ料理が大好き)、酢、ラー油、醤油を加えました。

 

最後は、麺を一口分残して、店員さんを呼びます。

 

ちょっと麺を残し過ぎていたみたいで、
「もう少し麺を食べてください。あまり麺が残っていると、スープの温度が下がって卵が固まりにくくなりますので・・・。卵を割って入れて、また声をかけてください」
と言われ、モグモグと半分に減らし、テーブルの卵をコンコンパカッと割り入れ、店員さんを呼ぶ。

 

 

 

こちらが、スープとネギを入れてもらって戻ってきたもので、「鶏蛋湯(チータンタン)」と言います。

ちょっと味が薄いので、酢、醤油、ラー油をビービー入れて、胡椒をパッパッパッ。スーラータンメン(酸辣湯麺)スープみたいな味にしました。←(酸辣湯麺はよく作る。簡単ですよ)

夫は肉みそ、醤油、胡椒を入れました。
この辺りはお好みで♪

 

ニンニクを入れると美味しくなると言われたのですが、これから4~5時間かけて公共交通機関利用で神奈川に帰るため、息が臭いと困るのでやめておきました。

 

 

食べ方。

わからないことがあったら、店員さんに尋ねましょう。

じゃじゃ麺の大サイズで550円、中サイズで450円、小サイズで350円。
ちいたんたんにする場合、卵代として50円の追加料金がかかります。
安価でお腹が膨れるのでオススメ。

いろんなアレンジができるので、いろいろ工夫できるのが楽しいですね♪

 


 

 

「盛岡じゃじゃ麺」と言えば、夫が私の実家に初めて来た時、手土産(夫はこの時、大学院生で盛岡に住んでいた)で持ってきたもの。

いや~~~、懐かしいですな!
高速バスを乗り継いで、岩手から和歌山まで12時間かけて来てくれましたよ~。

懐かしいね、夫よ!
あれからいろいろあったね、夫よ!

 

白龍のじゃじゃ麺はネットでも買えます。

 

 

 

盛岡三大麺すべて楽しみたいなら、詰め合わせもあり。

 

 

 

海側は全く行かなかったし、大雨で小岩井農場にも行けなかったし・・・で、また行くね、岩手県!

 

 

楽しかったよ、ありがとう!

 

関連記事

→→岩手山 焼走り熔岩流。 280年前に噴火した跡が見られます。

→→イーハトーブ火山局。 「もしも岩手山(活火山)が噴火したら」に備える。

交通アクセス

盛岡駅のビル内にあります。

電車の乗り換えはヤフー路線などでお調べください。

近くの宿泊施設

ホテルルートイン盛岡駅前。

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は【バスリザーブ】で格安高速・夜行バス予約

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。

-岩手県旅行記
-

執筆者:チョットnow


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【イーハトーブ火山局】 「もしも岩手山(活火山)が噴火したら」に備える

間に立川防災館の記事が入りましたが、また岩手観光に戻ります。 前回の「濃霧の八幡平山頂」の記事で、「次は岩手山の焼き走り熔岩流」と書いたのですが、その前にイーハトーブ火山局に寄ったのでした。 →→濃霧 …

【岩手山 焼走り熔岩流】 280年前に噴火した跡が見られます

お昼から夕方まで巡った岩手観光記事も、次で終わりです。 目次1 旅行記1.1 関連記事2 交通アクセス3 料金について4 近くの宿泊施設5 お得で便利な、旅の予約サイト 旅行記 前回のイーハトーブ火山 …

濃霧の八幡平山頂ドライブは怖かった。 八幡平山頂レストハウス。

ずっと秋田県鹿角市の観光を書いていましたが、今日取り上げる「八幡平山頂レストハウス」は、岩手県八幡平市です。 岩手県は、夫が大学&大学院の6年間過ごしたところですが、いつも夫の故郷青森県への通り道。 …

管理人:チョットnow

年齢:30代後半

居住地:神奈川県

 

遠距離恋愛がきっかけで旅行の楽しさに目覚め、結婚後もいろんなところに出かけています。

マイホームも、マイカーもいらない!(家の購入失敗して4年で売った~、大変だったわ!)

とにかく、旅がしたい!  旅は新発見の連続!

現在は国内旅行がメインですが、子供がもう少し大きくなったら海外旅行もたくさんしたいです。

この人生一度きり。

いろんな所を見て、心の思い出ボックスをいっぱいにしたいと思います。

詳しい自己紹介、ブログの注意事項はこちらのページでご覧ください。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いいたします(*^_^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ