【尾去沢(おさりざわ)鉱山】 ウィンドブレーカー必須! 一人ではちょっとコワイ

最近いろいろ忙しくて更新が遅くなって、ごめんなさい。

ほぼ一週間ぶりですが、尾去沢(おさりざわ)鉱山について書きます。(午前1時の夜更かし記事・・・)

 

旅行記

前回の黒又山(クロマンタ)の記事から、宿泊先の湯瀬温泉までの途中にあったのが、尾去沢(おさりざわ)鉱山。

 

「時間があまっていたら行こうね~」くらいに思っていたのですが、ここがけっこう楽しいのです!

 

 

 

ブーンとレンタカーを走らせていたら、突如現れた謎の煙突。

「!!! もしや、あそこではっ!」

 

 

 

無料の駐車場に車を止めて、入口へ向かう。

平日の午後4時前だったので、お客さんはほぼいませんでした。

 

見学料は大人千円、中高生800円、小学生600円、幼児は無料です。

「寒いので、何か服を着た方が良いですよ~」と言われました。

 

 

子供たちにはウィンドブレーカー、夫と私は長袖のシャツで入りました。

 

 

 

ビュウウウウ!

「うひーっ、さむっ!!」

入り口付近は風が強くて、震えます。

坑道は年間を通じて13度くらいしかありません。

 

 

 

銅鉱脈が、キラキラ光って奇麗です。


秋田県北東部は、北鹿(ほくろく)地域と呼ばれて、日本最大の鉱山地帯なのだそうです。

以前取り上げた小坂町も、鉱山で栄えた町ですね。

 

 

尾去村には、光る怪鳥伝説というものがあるらしい・・・。

 

鉱山が発見されたのは奈良時代で、平安末期にはここから採掘された金が、藤原氏によって築かれた平泉の黄金文化に大いに貢献したのだそうです。

平泉・・・、いつか行ってみたい!

 

 


 

 

私たち以外、誰もいないトンネルを散策・・・。




 

 

金ぴかヘルメットをかぶって記念撮影。

 

入り口近くは風が強かったのですが、中に行くほど風は弱まり、寒さは感じなくなりました。

以前、静岡の土肥金山の坑道に入ったことがあるのですが、こちらの方が高さがあり、広々としています。

 

 

 

突然、神社が。
「山神社」というそうです。

 

 


お酒の貯蔵場。

 

 

 

 

見学可能な坑道は総延長1.7kmで45分。時間がない方は、1.1kmの30分コースでもまわれます。

私たちはせっかく来たので奥まで見たい・・・と、45分コースにしました。

 

 

 

 

緊急トイレ。

・・・いや~、これ、よっぽど緊急じゃない限り利用したくないわぁ・・・、なんかコワイもん・・・。

 

 

 

延長コース(特別コース)の奥は坑内事務所があり、人形たちが明るい部屋でくつろいで(?)いました。


暗くて長い静かなトンネルで突如、広々とした明るい場所が表れて、「明かりって大事ねー」とちょっとホッとする。

 

採掘作業時は音が響いて、さぞかしうるさかったでしょうねぇ。

 

 

 

 

ドドドドッ(ガガガガッかな?)と上を掘るマネキン。

シュリンケージ採掘法で掘っていたそうです。

銅、金の他、銀、鉛、亜鉛も産出され、昭和53年に閉山。

 


 

 

 

 

 

採掘跡はところどころライトアップされていて、何かの遺跡かしら・・・と思わせるような不思議な空間になっていました。

実物はとてもよかったのですが、写真にするといまいち雰囲気が伝わりませんね・・・。

 

 

 

突如現れた電飾。
ぴかぴか点滅する様が、まるでグローワームのよう。

 

関東に住んでいる人は、多摩動物公園の昆虫館に行くと、グローワームが見れますよ~。

多摩動物公園の記事はこちら・・・東京都日野市。世界初のライオンバス。

 

 

 

最後は、慶長の坑道、江戸時代までの手彫り跡。




西から逃げてきた隠れキリシタンもたくさん働いていたそうです。

 

まだまだたくさん写真があるのですが、長くなるのでこれくらいで・・・。

 

 

坑道をテクテク歩いた感想は、「とにかく長い」です。

 

これはちょっと、一人で歩くのはツライものがあります・・・。

 

ぜひ誰かと一緒、もしくは人の多い土日祝日に訪れるのをオススメします。

 

私たちは体験しませんでしたが、純金砂金採り、天然石堀、アクセサリーづくりなども別料金でできるようです。

 

最後は売店でオススメの「金箔入りキノコ茶」と、秋田名物「もろこし」を買いました。

夫がなぜかしら1kgもある乾燥稲庭うどんを買ったもんだから、帰りの荷物が重かったぁ。

 

 

次は、湯瀬温泉について取り上げます。

→→湯瀬ホテルの記事はこちら・・・露天風呂がサイコー!

 

関連記事

→→小坂鉱山事務所。 鉱産額日本一、銀山日本一の栄華を誇った小坂鉱山の資料館。・・・秋田県小坂町。銀山で栄えた町で、資料館になっています。

 

→→土肥金山・・・静岡県にあります。また今度記事にします。

交通アクセス

花輪線 鹿角花輪駅よりタクシーで10分。

電車の乗り換えはヤフー路線などでお調べください。

車で行く場合、無料駐車場があります。

料金について

見学料は大人千円、中高生800円、小学生600円、幼児は無料。
年中無休。

開館時間は9時から17時まで。冬季(11月から3月末)は15時半閉館。

こちらの施設は、デイリーPlusで、割引クーポンを入手できます。

近くの宿泊施設

湯瀬ホテル。

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は夜行バス比較サイト【バスブックマーク】

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。