チョットnow記

ちょっと出かけて、色色知見。「旅は学び!」 四人家族の旅行記です。

東京都レジャー

【布多天神社】裏の雑木林に鬼太郎がいる・・・? 調布市鬼太郎めぐり4

投稿日:2018年2月22日 更新日:

ずっと、「調布市鬼太郎巡り」の紹介をしてきましたが、今回で終わりです。

最後は、布多天神社(ふだてんじんじゃ)。

前回取り上げた天神通り商店街の北にあります。

参拝記

布多天神社(ふだてんじんじゃ)は、調布町の総鎮守です。

創建は不明ですが、平安時代の法典に名前が出ている古社。

多摩川畔の古天神にありましたが、多摩川の洪水を避けて1469~1487年ごろ(戦国時代)に現在地に鎮座。

もともと祭神はスクナヒコナ神だけでしたが、移転時に菅原道真命を合祀。

スクナヒコナは、国造りの神様大国主と共に、国土造成をして神様です。

本州最南端の神社「潮御崎神社」の記事を以前書きましたが、スクナヒコナは国造りを終えた後、紀伊半島最南端から常世国に渡ったと言われています。

菅原道真公は学問の神様、天神様として有名ですね。天神社・天満宮の本社は、京都の北野天満宮です。

 

 

 

参道。

調布に長く住んだ水木しげるさんも、ここによく参拝に来ていたのでしょうか?

「墓場鬼太郎」第5巻「おかしな奴」で、鬼太郎は「布多天神社の奥の雑木林に住んでいる」という設定にしたそうです。

 

 

 

境内には、赤松、黒松などの巨木が立ち並び、とっても静かでした。

 

 

 

拝殿。

500年程前に現在地に移されましたが、創建は約1940年前というから、歴史がありますねぇ・・・。

祭神は先ほども書きましたが、スクナヒコナ神と、菅原道真命です。

 

外から本殿を見ることはできませんが、1706年に再建されたもので、江戸時代中期の装飾が残されているそうです。

 

 

私は普段、神社に行っても個人的なお願いはしないのですが、ちょうどこの時、夫の転勤話がでておりまして、

「お願いですから、これからも家族四人そろって生活ができますように。私たちが引き離されることがありませんように」

と、一生懸命お願いしました・・・。(手を合わせながら、泣きそうになった)

 

 

 

祈願してから4日経った昨日、上司から「転勤しなくて良い」と告げられたそうで、ホッとしました~(^_^;)

 

こういう出来事が起こると、日々の生活のありがたさがわかりますねぇ・・・。

 

「家族みんな、健康で、穏やかに、一緒に過ごせること」

当たり前のようですが、この上なく、有難いことです。

 

また、近所の神社と、布多天神社に、お礼参りに行ってきます♪

 

それにしても去年の2月は夫がヘルニアで入院し、今年の二月は転勤騒ぎなので、二年続けて2月はなんだか「日々の生活のありがたさを見直すイベント」が起こっている感じです。

来年の2月は、どうなることやら・・・(;^_^A

 


 

拝殿前の狛犬。

境内で開かれる市(いち)の繁栄と商売繁盛を祈願して1796年に建立されたもので、調布市で一番古い狛犬です。

市(いち)は少なくとも200年前から開かれており、現在も毎月25日に開催されているそうです。

水木先生も、市に来たのかな?

 

 

狛犬の後ろにある牛は、「御神牛」。

 

 

 

みんな鼻を撫ぜていくので、鼻だけピカピカ。

布多天神社はテレビでパワースポットとして紹介されたそうです。

 

 

 

ゲゲゲの鬼太郎おみくじもあります。200円。

興味があったのですが、この数日前に近所の神社でおみくじを引いたので(大吉!)、こちらはまた今度のお楽しみにしておきました。

今年の春から、フジテレビで六度目の「ゲゲゲの鬼太郎」の放送が開始されれるので、1月末に、声優キャスト、スタッフなど総勢約100人が布多天神社に訪れて、製作の安全とアニメのヒット祈願が執り行われたそうです。

初代鬼太郎の声をつとめた野沢雅子さんが、今回は目玉おやじ役というから、面白そうですね~。私も、小学生の息子と一緒に見ます♪

 

 

 

梅の花が奇麗に咲いていました。

菅原道真公は、梅を愛したそうですよ。

→→北野天満宮の記事はこちら・・・天神社・天満宮の総本宮で、菅原道真公をお祀りしています。梅園が奇麗だそうです。

 

 

境内社の大鳥神社。日本武尊をお祀りしています。総本社は大阪で、「おとりさま」と称されて開運・商売繁盛の神様だそうです。酉の市はもともと、大鳥神社で行われる特殊神事なのだそうです。

 

 

こちらも境内社で、左から御嶽神社、祓戸神社、疱瘡神社。

 

 

他に、金毘羅神社、稲荷神社、厳島神社があります。

 

 

お参りが終わったところで、気になるのが「布多天神社の裏の雑木林に鬼太郎が住んでいた」という設定。

神社の裏はどうなっているんだろう・・・?と、裏へ回ってみることに。

 

 

 

裏はこんなふうに、駐車場?になっていました。

 

「神社裏の雑木林」は、水木先生の空想なのか、それとも開発前は雑木林があったのか・・・。

 

水木先生もこの辺りで、いろいろ設定を練っていたのかなーと思うと、また楽しい参拝になるのではないでしょうか♪

 

 

以上で、「調布市鬼太郎巡り」は終わりです。

 

夫の転勤話が出ている最中だったので、普段とは全く違う気持ちでのお参りでしたが、境内にいる間ずっとビュービューと強風が吹いていたので、龍神様が見守ってくれているのかな・・・?と思いました。

 

これからも、家族四人、仲良く、日々の生活に感謝をし、精進したいと思います!

 

 

関連記事

調布市鬼太郎巡りの記事です。
→→「水木しげる ゲゲゲギャラリー」・・・調布市文化会館たづくり一階(無料)。水木先生のサインと手形があります。
→→調布駅前「鬼太郎マンホール」

→→天神通り商店街の「鬼太郎モニュメント」

→→鬼太郎茶屋 深大寺店・・・深大寺は東京都内で二番目に古いお寺です。鬼太郎茶屋と、鬼太郎バスの写真を掲載。

 

→→本州最南端の神社「潮御崎神社」・・・国造りをした少彦名命が常世国に渡ったところ。

→→北野天満宮・・・天満宮・天神社の総本宮。学問の神様、菅原道真公について書きました。

交通アクセス

京王調布駅中央口出て、北へ徒歩8分ほど。

近くの宿泊施設

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は【バスリザーブ】で格安高速・夜行バス予約

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。

-東京都レジャー
-,

執筆者:チョットnow


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【ソニー・エクスプローラサイエンス】 500円でそこそこ楽しめる

続けてお台場を取り上げます。 目次1 レジャー記1.1 関連記事2 交通アクセス3 料金について4 近くの宿泊施設5 お得で便利な、旅の予約サイト レジャー記 ソニー・エクスプローラサイエンスがあるの …

【鬼太郎茶屋 深大寺店】 調布市は、水木しげる氏の第二の故郷

今日は、調布市の深大寺鬼燈(ほおずき)祭りについて書きたいと思います。   記事が長くなるので、 ①鬼太郎茶屋 深大寺店 ②深大寺 ③深大寺そば ④都立神代植物公園の水生植物園 の順番で書き …

【高幡不動尊金剛寺の、山内八十八ヶ所めぐり】 厄除け「ほのほうちわ」の授与は節分会まで

一月二日に、高幡不動尊金剛寺にお参りに行き、ずっと「やりたいなぁ」と思っていた山内八十八か所巡りをしてきました。 目次1 参拝記1.1 アドバイス1.2 関連記事2 施設情報2.1 交通アクセス2.2 …

【立川防災館】 無料で震度7の地震や、煙体験ができます。オススメ備蓄方法

岩手県の観光紹介の途中ですが、防災館(東京都立川市)の記事を挟ませてください。   先日、巨大な太陽フレアが発生した影響なのかどうかわかりませんが、地震が増えているようです。   …

【国立極地研究所 南極・北極科学館】 無料でオーロラシアターが見れる。ポールシフトについて

少し前の記事で名古屋旅行の南極観測船ふじについて取り上げたので、忘れないうちに、南極・北極科学館を書きたいと思います。 私達が訪れたのは2013年1月でした。 目次1 見学記1.1 関連記事2 交通ア …

管理人:チョットnow

年齢:30代後半

居住地:神奈川県

 

遠距離恋愛がきっかけで旅行の楽しさに目覚め、結婚後もいろんなところに出かけています。

マイホームも、マイカーもいらない!(家の購入失敗して4年で売った~、大変だったわ!)

とにかく、旅がしたい!  旅は新発見の連続!

現在は国内旅行がメインですが、子供がもう少し大きくなったら海外旅行もたくさんしたいです。

この人生一度きり。

いろんな所を見て、心の思い出ボックスをいっぱいにしたいと思います。

詳しい自己紹介、ブログの注意事項はこちらのページでご覧ください。

ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いいたします(*^_^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ