【水木しげる ゲゲゲギャラリー】 調布市文化会館たづくり一階。調布市鬼太郎巡り1

前回の続きで、調布市を取り上げます。

 

調布市の「鬼太郎巡り」はけっこうボリュームがあるので、数回に分けて紹介していきたいと思います。

散策記

前回、紹介した無料展示会「ボクらのブリック!」が行われている「調布市文化センターたづくり」の一階奥に、「ゲゲゲギャラリー」があります。

 

文化会館たづくりは調布市役所の近くです。調布駅から徒歩5分。

 

 

文化センターたづくりは、様々な催しものを楽しめる会館で、2018年3月21日水曜日の午後6時まで、レゴ職人によるレゴアートが無料で見れます。

さらに私たちが訪れた時は、「小さな小さな音楽会」の日で、マリンバやパーカッションの、プロ奏者の音楽を無料で聴けました♪

催し物は、調布市文化コミュニティ振興財団HPでご覧ください。

 

 

こちらが、たづくり一階エントランス北側の、「ゲゲゲギャラリー」。もともと「水木しげるさんメモリアルコーナー」だったところで、無料で見れますし、写真撮影もOKです。

 

水木しげるさんの出身は鳥取県境港市(生まれは大阪府大阪市住吉区)ですが、長く暮らした第二の故郷が調布市です。(調布市名誉市民)

水木さんの代表作はゲゲゲの鬼太郎、悪魔くんなど。

1980年代生まれの私と夫は、子供の頃、夢中になってTVアニメを見ていました!

 

好きなキャラクターは、鬼太郎と、鳥乙女ナスカ♪(めっちゃ懐かしい~~~!)

 


 

鬼太郎とねずみ男や、

 

ネコ娘と一反木綿と記念撮影できます♪

 

 

水木先生のサイン!

 

 

ゲゲゲの鬼太郎はもともと「墓場鬼太郎」だったんですね。

水木さんが40歳の頃の作品で、妖怪ブームの原点だそうです。

 

 

「調布を描くシリーズ」。

水木しげるさんが、調布市立図書館の図書館だよりのために書き下ろした作品で、1988年から1995年まで全29作品描き、そのうち14点を展示しています。

 

 

 

調布駅を出る鬼太郎。

 

 

 

調布と言えば、東京都内で二番目に古いお寺「深大寺(じんだいじ)」。

深大寺前には、鬼太郎茶屋があります。以前記事にしたので、鬼太郎茶屋 深大寺店の記事はこちらからご覧ください。

 

 

 

深大寺で一番古い建物、「山門」。

人魂が出ているのが水木流?

深大寺の「銅造釈迦如来倚像」は、2017年に新たに国宝指定となりました。

→→深大寺の記事はこちら・・・浅草寺に次いで、都内で二番目に古いお寺です。

 

 

 

 

こちらは文化センターたづくりから徒歩10分くらいのところにある布多天神社(ふだてんじんじゃ)。

「墓場鬼太郎」第5巻「おかしな奴」では、この神社の奥の雑木林に、鬼太郎が住んでいる・・・という設定。

布多天神社は、こちらの記事に書いたのでご覧ください。

 


 

文化センターたづくりでは、ゲゲゲ忌(11/23~30日)間のみ、水木しげるさんの胸像展示があるようなので、ファンの方はぜひ、ゲゲゲ忌に訪れてみてください。スタンプラリーなど、いろんなイベントをするそうです。

 

 

 

最後に、水木しげるさんの手形。

「なまけ者になりなさい」

 

 

水木しげるさんは「幸せになるための七か条」を書きました。

「なまけ者になりなさい」はその中の六番目です。

幸福の七カ条

  1. 成功や栄誉や勝ち負けを目的に、ことを行ってはいけない。
  2. しないではいられないことをし続けなさい。
  3. 他人との比較ではない、あくまで自分の楽しさを追及すべし。
  4. 好きの力を信じる。
  5. 才能と収入は別、努力は人を裏切ると心得よ。
  6. 怠け者になりなさい。
  7. 目に見えない世界を信じる。

 

「怠けものになりなさい」は、ダラダラと自堕落的に生きなさい、という意味ではありません。

若いうちは怠けてはいけない、努力が必要。けれども、年を食ったら愉快に怠けるクセをつけましょうということです。

 

確かになぁ~・・・。

 

努力をして、愉快に怠ける。

メリハリが効いた生き方ですね。

 

 

 

(水木しげるさんの幸福の七か条について書かれた本はこちら)

 

水木しげるさんと言えば、子供向けの妖怪漫画だけではなく、「総員玉砕せよ!」など自分の戦争体験を記した作品も有名で、漫画の舞台でもあるラバウル島で空襲にあい、左腕を失いました。

波乱万丈な人生でしたが、2015年11月30日にお亡くなりになりました。93歳でした。

 

 

ウィキペディアには面白い一文がありました。

マレーシアのジャングルで、現地人に『日本妖怪大全』を見せたところ、「これは知っている」「これも知っている」と、猛烈な反応があった。

それらの結果として水木は、「世界の妖怪は1000種類に集約される。世界各地の妖怪はほぼ共通している」という「妖怪千体説」を唱えるようになる。

・・・面白いですねぇ~。

妖怪、見たいような、見たくないような・・・(^_^;)

 

 

水木さんは妖怪だけではなく、戦地で共に戦った仲間や、上官の幽霊も見たそうです。
大好きなIn Deepさんのブログに書かれていますので、ぜひご覧ください。

「サイキック能力を身につけるための重要な方法」について書き始めましたら、結局カオスとなってしまいました In Deep

地獄を書いているのに、なんだかほのぼのした気分にさせる水木漫画・・・、不思議な魅力があります。

 

 

長くなってきたのでそろそろ終わりますが、前回のレゴ職人の記事でも思ったことですが、「好きなことをとことんやる」というのは、大事なことだなぁと思いました。

 

沖縄の点描画家である大城清太さんの講演会で、「人にはみんな、それぞれの役割がある。好きなことがその人の役割だ。それぞれの役割がばらばらだから、好きなこともみんなバラバラなんだ」というようなことをおっしゃっていたこととも、通じるなぁと思いました。

 

 

次は、調布駅周辺の「鬼太郎マンホール」について書きたいと思います。

文化センターたづくりからは徒歩5分ほどのところにあります。

 

 

関連記事

→→「ボクらのブリック!」の記事はこちら・・・文化センターたづくり一階にて、2018年3月21日までレゴ職人のレゴアートが無料で見れます。

→→鬼太郎茶屋 深大寺店の記事はこちら・・・鬼太郎バスと、鬼太郎茶屋の記事。茶屋では鬼太郎像と記念撮影できます。

→→「布多天神社」裏の雑木林に鬼太郎がいる・・・? 調布市鬼太郎めぐり4

→→深大寺の記事はこちら・・・東京都内で二番目に古いお寺。ほおずき祭りを見に行きました。

→→深大寺そば「元祖嶋田屋」の記事はこちら・・・深大寺蕎麦の元祖。

料金

無料

交通アクセス

京王調布駅から徒歩5分。
車で行く場合、30分ごとに100円の有料駐車場があります。

近くの宿泊施設

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は夜行バス比較サイト【バスブックマーク】

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。