【鬼怒川温泉街散策】 くろがね橋、ふれあい橋、鬼怒楯岩大吊橋から鬼怒川を見下ろし、鬼怒川温泉あさやに泊まる

今日からしばらく二泊三日の栃木県旅行を紹介しようと思います。

鬼怒川温泉、鬼怒川ライン下り、東武ワールドスクエア、明智平、龍王峡、華厳の滝、中禅寺湖、日光東照宮を、公共交通機関でまわりました。

順番に紹介します。

旅行記

鬼怒川温泉(きぬがわおんせん)は、日光東照宮(にっこうとうしょうぐう。徳川家康を祀る)で有名な日光市の北にあります。

鬼怒川温泉は古くからヤケドに効くと言われており、年間200万人以上の観光客でにぎわう日本有数の大型温泉地です。

鬼怒川温泉と日光東照宮は、車で約20分の距離(13km)なので、日光の寺社仏閣とあわせて観光しやすいです。

 

鬼怒川温泉周辺の見どころは、鬼怒楯岩大吊橋(鬼怒川渓谷を楽しめる橋)、鬼怒川ライン下り、東武ワールドスクエア、龍王峡、日光江戸村、トリックアート、日光猿軍団など。

 

たくさん見どころがある中で、私たちは鬼怒楯岩大吊橋(きぬたていわおおつりばし)、ライン下り、東武ワールドスクエア、龍王峡(りゅうおうきょう)の4か所を楽しむことにしました。(日光東照宮はまた後で紹介します)

 

 

ちょっとここで個人的な話をはさみますが、この二泊三日旅行は、公共交通機関を利用した旅でした。いろんな電車やバスに乗れて楽しいのですが、一番不便なのは荷物を運ぶのが不便なこと。

車なら荷物をトランクルームに入れてグルグルと観光地を回ればいいのですが、公共交通機関での旅はそうはいきませんから、とりあえず早めにホテルに着いて荷物を預けて身軽にならないといけません。

・・・というわけで、二泊三日栃木県旅行最初の写真は、私達がお世話になった「鬼怒川温泉 あさや」からスタート。

あさやホテルは創業130年の老舗宿で、特徴的なのは、豪華な吹き抜けロビーと空中天空露天風呂。

 

 

私達が訪れたのは子どもの日だったので、シャンデリアの輝く吹き抜けロビーは、写真のようにたくさんの鯉のぼりが飾られており、一層華やかな雰囲気でした。

 

 

節句のお人形もかざられ、雰囲気はばっちり。

 

 

あさやホテルは、バー、カラオケ、サロン、ゲームコーナー、卓球・ビリヤード、キッズルームが供えられた大きなホテルですので、ゆったりとくつろぐことができます。

温泉はかなりオススメ!  秀峰館と八番館の二つに大浴場がある上、13階には空中庭園露天風呂があるのです。

この空中庭園露天風呂は、船の形をした浴槽で、とても雰囲気が良いのです!

御飯もブッフェでとても美味しかったので、鬼怒川温泉に泊まる予定のある方は、あさやホテルさんをオススメします。鬼怒川公園駅から徒歩13分(1kmくらい)と、駅からも割と近いです。

 

 

 


 

あさやホテルさんの説明はこれくらいにしておいて、ここから鬼怒川温泉の観光スタート!

鬼怒川温泉街にはたくさん橋が架かっており、美しい鬼怒川渓谷を楽しめます。

  1. くろがね橋
  2. ふれあい橋
  3. 鬼怒楯岩大吊橋(きぬたていわおおつりばし)

の、三つの橋は観光スポットになっているので、順番に紹介したいと思います。

 

一番人気のある橋は、三番目の鬼怒楯岩大吊橋(きぬたていわおおつりばし)なのですが、まずはあさやホテルから一番近い(徒歩5分)、くろがね橋へ。

 

くろがね橋。

鬼怒川温泉ホテルのすぐ横にあります。

 

 

くろがね橋から見た鬼怒川渓谷。ここは川幅が狭くなっているので、川の流れに勢いがあり美しいです!

 

「くろがね橋」の右岸側には「鬼怒子(きぬこ)の湯」という無料の足湯施設があります。私たちはこの後、回るところがたくさんあって忙しかったので利用しませんでしたが、鬼怒川渓谷の絶景を眺めながら入れるそうなので、のんびりとくつろぎたい方にオススメです。

また、この無料足湯の脇から遊歩道に下りることができるので、こちらも時間のある方は歩いてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、鬼怒子の湯の利用時間は9時~17時までで、夜間はやっていませんのでご注意を。

 

 

次は、くろがね橋から南へ8分ほど歩いて、ふれあい橋へ。

ふれあい橋は、大江戸温泉物語 鬼怒川温泉 鬼怒川観光ホテルのすぐ横にあります。

奥の階段にご注目。

 

 

なんと、階段でアート!(笑)

遠くから見ると、鬼の絵がうかぶおもしろい階段なのです!

ここは記念撮影スポットになっていて、たくさんの人達が撮影を楽しんでいました。

間に踊り場を挟んで上下に分かれている構造なので、鬼の体が途切れなく撮れるところを探して、記念撮影してください♪

近寄るよりも、少し離れた方がキレイに撮れます。

 

 

ふれあい橋をはさんで、鬼怒川の流れの穏やかなころ、激しいところの両方見られます。

 

 

・・・ここで、小さな子供を連れた方に注意していただきたいのですが、子供を抱いて橋の下をのぞき込むのはやめましょう。(2017年の夏に、父親が2歳の子供を抱っこして、ふれあい橋の下をのぞいたところ、子供が落ちてしまう事故がありました。子供は少し流された先で救助されましたが、助けに行った父親はそのまま帰らぬ人となってしまいました・・・)

 

 


 

 

次は、一番最後の鬼怒楯岩大吊橋(きぬたていわおおつりばし)へ。

先ほどのふれあい橋からは1.7km、20分くらい離れています。

 

子どもの日だったためか、鬼怒楯岩大吊橋前の広場に、たくさんの風車が飾られていました。

奥にある建物は公衆トイレです。近くには足湯カフェもありました。

私達はテクテク歩いてまわりましたが、車でまわる方は大吊り橋のすぐ横に無料駐車場があるので便利です。

 

 

鬼怒楯岩大吊橋(きぬたていわおおつりばし)。高さ37m、全長140mの、無料の歩行者専用橋です。

先に2つの橋を紹介しましたが、ここだけ先に訪れたい方は鬼怒川温泉駅で下車し、徒歩15分です。

 

 

鬼怒楯岩大吊橋は、とても細~~~~~~~~~~い橋で、横幅は大人二人分くらいです。(橋の中央部分だけ少し広くなっている構造)

 

 

橋の上からの眺め。

どれが鬼怒楯岩かわかりますか・・・?

写真の右の方を向いて歯をイーッと食いしばっているような岩が、楯岩です。

 

 

赤丸でかこんだのが、鬼怒楯岩。

 

鬼怒楯岩大吊橋は、鬼怒川(女性)と楯岩(男性)を結ぶ橋として「縁結びの橋」、楯岩は「子宝岩」とも言われるようです。

 

 

大吊り橋から見える鬼怒川は流れがゆるやかです。

勢いのある川も見たい方は、先に紹介したくろがね橋、ふれあい橋にも訪れるのをおすすめします。

 

 

橋のそばには、鬼怒太(きぬた)くんの像。

 

鬼怒川温泉は「七福邪鬼めぐりスタンプラリー」を開催しており、写真のような鬼が置かれた7ヵ所をまわり全部のスタンプを集めると粗品がもらえます。

 

  1. 鬼怒川温泉駅前の鬼怒太(きぬた)
  2. 立岩橋の立鬼(りっき)
  3. ふれあい橋の定印鬼(じょういんき)
  4. くろがね橋の遊心鬼(ゆうしんき)
  5. 滝見橋の思惟鬼(しいき)
  6. 鬼怒岩橋の半跏鬼(はんかき)
  7. 大吊り橋の楯鬼(たてき)

 

それぞれ鬼の姿が違うので、子供連れには楽しい企画だと思います。

お時間のある方は是非、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

 

ホテルへ戻る途中、鬼怒川パークホテルズのすぐ横にある立岩橋を通りました。

この橋から見下ろす鬼怒川も、とても美しいです。

それにしても、鬼怒川沿いにはたくさんホテルがありますね。

 

 

さきほどの写真を一部拡大しました。

鬼怒川温泉 きぬ川ホテル三日月の裏側は、鬼怒川ライン下りの乗船場です。

 

 

鬼怒川ホテル三日月。看板の三日月マークが目印です。

隣に鬼怒川金谷ホテルがあり、横の通路から船乗り場に下りられます。

「鬼怒川ライン下り」は、次の記事で紹介します。

次の記事はこちら

前回の【鬼怒川温泉街散策】からの続きで、二泊三日・栃木県日光市旅行の紹介です。 旅行記 鬼怒川ライン下りは、4月中旬から11月下旬の間、毎日午前9時から午後3時45分までの間で12回、船が出ます。 冬季の営業はしておりませんので、[…]

 

関連記事

【鬼怒川ライン下り】 服装、所要時間、注意事項について。乗れるのは4月中旬から11月末まで!

交通アクセス

あさやホテルは、鬼怒川公園駅から徒歩13分ほど。(約1km)
車で行く場合、ホテルに400台停められる無料駐車場があります。

近くの宿泊施設

鬼怒川温泉 あさや。

お得で便利な、旅の予約サイト

●国内旅館の予約
じゃらん】(国内24000軒の宿をネットで予約。最大10%ポイント還元)
楽天トラベル 国内宿泊】楽天ポイントがたまります。
Yahoo!トラベル】Tポイントがたまります。

●レンタカー比較検討・予約は【じゃらんレンタカー

●ANA、JAL、スカイマークなどの国内格安航空券は【国内航空券トラベリスト

●高速バス、夜行バスの予約は夜行バス比較サイト【バスブックマーク】

●バスツアーの予約は【クラブツーリズム バスツアー】。ツアーはラクで便利です。