ゆでだこ、すけ乳首。プールや海の日焼け止め対策は・・・

 

 

変なタイトルを付けましたが、この前の土曜日に、夫と息子がプールの割引券を利用して、よみうりランドのプールへ行きました。

 

→→よみうりランドの記事はこちら

 

昼前に到着して夕方に雨が降ってくるまでたくさん遊んだようで、息子は大満足。

ところが、夫の上半身はかなり日焼けして、ゆでだこのように真っ赤に・・・。

 

 

私「うわぁ~、これ皮むけるよ。日焼けというよりヤケドだねー。シャツを着てプールで遊んだら良かったんじゃないの?」

夫「まぁ、何人かそういう人もいたけど。すけ乳首になるじゃない」

私「別にええやん」

夫「・・・えー・・・」

 

 

すけ乳首。

 



いやいや、ゆでだこになるより良いと思うのですが・・・。

息子はラッシュガードを着用していたため、鼻の頭がうっすらと赤くなるくらいで済みましたが、夫の上半身は痛々しかった・・・。

 

  • 土曜日・・・痛い痛い。
  • 日曜日・・・いたたたたたっ!  触らないでっ!
  • 月曜日・・・いたたた! かゆいなぁ。
  • 火曜日・・・痛いかゆい、痛いかゆい。かーーゆーーいーーーー! で眠れず。
  • 水曜日・・・ちょっと落ち着いた。(けど、まだかゆい)

と経過をたどる夫。

 

次の土曜日には良くなるかな?

 

 

みんな、プールや海ではどんな日焼け対策をしているんだろう・・・と調べてみますと、ラッシュガード着用派と、日焼け止め派に分かれるようです。

 

 

日焼け止めって・・・落ちるんじゃないの? と思い、調べてみますと「ウォータープルーフ日焼け止め」は強烈で、水や石鹸では落ちないので、専用のクレンジングが必要なものもあるらしい。

 

これだけ強烈な商品は、人によったら肌荒れを起こすこともあるそうです。

 

・・・確かにウォータープルーフは石鹸で洗っても、ニオイが残っているような。

 

ではウォータープルーフではない日焼け止めはどうかというと、やはり水や汗で落ちるようです。

 

さらに、日焼け止めを塗ってプールに入ると、アボベンゾンという物質が塩素と化学反応を起こして、アセチルベンゼンとフェノール類を生成し、これらは癌のリスクを高める化学物質なのだそうです。

 

海に溶けだした日焼け止めの化学物質は、サンゴ礁などの生物をはじめ、悪影響を及ぼしている報告もあるそうです。

 

 

さらに、日焼け止めが衣類に付着したまま塩素系漂白剤を使用すると、化学反応を起こして、エリや袖など日焼け止め剤が付きやすいところがピンク~赤色に変色するそうです。

 

・・・とすると、やはり薬剤を皮膚に塗るよりは、ラッシュガードを着用するのが良いのではないか、と思うのですがどうでしょうか。

 

「肌を見せたくないなら来るな!」
「日焼けが嫌なら来るな!」

 

と、キッツイコメントもあるようですが、おしゃれよりも実用性第一!

 

ゆでだこはイヤ、すけ乳首もイヤ、肌荒れもイヤ、環境汚染も気になる方、ラッシュガードの着用を検討してみてはどうでしょうか。

 

 

関連記事

→→夫の日焼け記事はこちら・・・ボロボロになりました。

→→ラッシュガードを買いました の記事はこちら