チョットnow記

ちょっと出かけて、色色知見

社会問題

ゆでだこ、すけ乳首。プールや海の日焼け止め対策は・・・

投稿日:2017年8月2日 更新日:

 

 

変なタイトルを付けましたが、この前の土曜日に、夫と息子がプールの割引券を利用して、よみうりランドのプールへ行きました。

 

→→よみうりランドの記事はこちら

 

昼前に到着して夕方に雨が降ってくるまでたくさん遊んだようで、息子は大満足。

ところが、夫の上半身はかなり日焼けして、ゆでだこのように真っ赤に・・・。

 

 

私「うわぁ~、これ皮むけるよ。日焼けというよりヤケドだねー。シャツを着てプールで遊んだら良かったんじゃないの?」

夫「まぁ、何人かそういう人もいたけど。すけ乳首になるじゃない」

私「別にええやん」

夫「・・・えー・・・」

 

 

すけ乳首。

 



いやいや、ゆでだこになるより良いと思うのですが・・・。

息子はラッシュガードを着用していたため、鼻の頭がうっすらと赤くなるくらいで済みましたが、夫の上半身は痛々しかった・・・。

 

  • 土曜日・・・痛い痛い。
  • 日曜日・・・いたたたたたっ!  触らないでっ!
  • 月曜日・・・いたたた! かゆいなぁ。
  • 火曜日・・・痛いかゆい、痛いかゆい。かーーゆーーいーーーー! で眠れず。
  • 水曜日・・・ちょっと落ち着いた。(けど、まだかゆい)

と経過をたどる夫。

 

次の土曜日には良くなるかな?

 

 

みんな、プールや海ではどんな日焼け対策をしているんだろう・・・と調べてみますと、ラッシュガード着用派と、日焼け止め派に分かれるようです。

 

 

日焼け止めって・・・落ちるんじゃないの? と思い、調べてみますと「ウォータープルーフ日焼け止め」は強烈で、水や石鹸では落ちないので、専用のクレンジングが必要なものもあるらしい。

 

これだけ強烈な商品は、人によったら肌荒れを起こすこともあるそうです。

 

・・・確かにウォータープルーフは石鹸で洗っても、ニオイが残っているような。

 

ではウォータープルーフではない日焼け止めはどうかというと、やはり水や汗で落ちるようです。

 

さらに、日焼け止めを塗ってプールに入ると、アボベンゾンという物質が塩素と化学反応を起こして、アセチルベンゼンとフェノール類を生成し、これらは癌のリスクを高める化学物質なのだそうです。

 

海に溶けだした日焼け止めの化学物質は、サンゴ礁などの生物をはじめ、悪影響を及ぼしている報告もあるそうです。

 

 

さらに、日焼け止めが衣類に付着したまま塩素系漂白剤を使用すると、化学反応を起こして、エリや袖など日焼け止め剤が付きやすいところがピンク~赤色に変色するそうです。

 

・・・とすると、やはり薬剤を皮膚に塗るよりは、ラッシュガードを着用するのが良いのではないか、と思うのですがどうでしょうか。

 

「肌を見せたくないなら来るな!」
「日焼けが嫌なら来るな!」

 

と、キッツイコメントもあるようですが、おしゃれよりも実用性第一!

 

ゆでだこはイヤ、すけ乳首もイヤ、肌荒れもイヤ、環境汚染も気になる方、ラッシュガードの着用を検討してみてはどうでしょうか。

 

 

関連記事

→→夫の日焼け記事はこちら・・・ボロボロになりました。

→→ラッシュガードを買いました の記事はこちら

 

-社会問題
-

執筆者:チョットnow


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

トイレ後の手洗いと、ノロウィルスの感染予防

夕方のニュースでやっていたのですが、15.4パーセントの人が、トイレの後で手を洗わない事があると答えたそうです。 大便をした後に手を洗わないことがある人も、8.1パーセントいるそうです。 年齢層がどう …

もうすぐ選挙。各政党の原発政策早わかり表。投票で意思表示を!

次の日曜日(10月22日)は、朝7時から夜8時まで、衆議院議員総選挙ですね。 今日、TVで各党の原発政策を紹介していたので、早わかり表を貼っておきます。       10 …

みんな睡眠不足~!  良い眠りで、心身ともに健康に!

    昨日、「林 修の今でしょ! 講座」で睡眠研究世界一 スタンフォード大学 睡眠生体リズム研究所の所長 西野精治さんがお話をされていたので書いておきます。   まずは …

自殺するくらいなら、10年休む気もちで、生きよう。 肉体が死んでも、魂は消えない

年明けくらいから、過去記事の「青木ヶ原樹海」の記事の閲覧数が、いつもの100倍くらいになっています。   なんでかなぁ? と思ったのですが、ユーチューバーが青木ヶ原で自殺した方の映像をアップ …

配達員さんの負担を減らすために、私たちができること。

前から気になっていた「運送会社」の負担増大と値上げ問題・・・。 我が家は車がないので、生鮮食品などは自転車で買いに行きますが、かさばる日用品であったり、書店にない本などはもっぱらネットショッピングで買 …