【大人のりんご病の症状】 頭痛とかゆみが酷く、インフルエンザよりも辛かった。2019年と2020年は大流行するかもしれません

三連休ずーーっと寝込んでいたのですが、どうやら「りんご病」だったようです。

名前のカワイイ「りんご病」。

 

子供が感染すると、ほっぺがリンゴのように赤くなる感染症で、正式名称は「伝染性紅斑(でんせんせいこうはん)」と言います。

伝染性紅斑(りんご病)とは

ヒトパルボウイルスB19(PVB19)という、赤血球に感染するウィルスで発症します。

名前に「ヒト」とついているように、人間にしか感染しません。

 

感染者の唾液、痰、鼻水にウィルスが含まれ、飛沫感染、接触感染で広がります。感染力はあまり高くありません。

 

主な感染者は幼児ですが、大人もかかります。

妊婦は母子感染により、時に流産の原因となるので、注意が必要です。(ウィルスは赤血球につくので、胎盤経由で胎児に感染し、胎児が貧血状態になる)

 

流行時期は、春から夏にかけてで、4~5年周期で大流行するようです。前回の流行期は2015年だったので、次は2019年、2020年ごろにまた大流行するかもしれません

 

10日から20日の潜伏期間のあとに発症し、幼児がかかった場合、熱などはあまりみられず、両頬に発疹だけが出現することが多いようです。

大人が、りんご病にかかったら・・・

子供がかかった場合、わりと軽い症状で済むりんご病ですが、大人になってからかかると大変!

人によって出てくる症状が若干違うようですが、発熱、頭痛、筋肉痛、関節痛、発疹、むくみ、かゆみが出てきます。

参考程度に、私の経過を書いておきます。

 


辛かったわよ、りんご病。私の経過。

木曜日の夜、急に38.5度の発熱。

翌日の夜には、熱が下がる。

「あれ? もう下がった。疲れてたのかな」

二日目の朝、再び38度の発熱。夜に39.6度まで上がり、頭痛全身の筋肉痛。目玉を動かすと目の奥に鈍痛

「う~、七月にインフルエンザかぁ!?」と、夜中に、酷い頭痛と全身筋肉痛で数回目が覚める。氷枕がないと眠れない。

三日目は、一日中、37.5~38.8度の発熱。激烈な筋肉痛で、起き上がるのが苦痛で、ずっと寝転がっていた。相変わらず頭痛と目の奥の鈍痛があり、体の皮膚がすごく敏感になっていて、タオルがチクチクして痛い

四日目は一日中37~38度の熱(ちょっと下がった?)。頭痛と目の奥の鈍痛は消えたものの、筋肉痛と皮膚のチクチク感が残る。

五日目に解熱。ずっと家事を夫にお願いしていたけれども、四日ぶりに家事復帰。

娘を幼稚園に送ろうとするものの、倦怠感で抱っこできず。酷い目まい、冷や汗、手足の小刻みな震えで、ベッドに倒れこむ。体温を測ったら、34.5~35.5度と表示される。(冷汗が止まらなくてちゃんと計測できない)

娘の幼稚園を欠席させ、夫に連絡。夕方帰ってきてもらい、晩御飯を作ってもらった。

この日、熱はなかったけれども、一日中目まいがし、お腹の調子がすごく悪かった

六日目の朝、首周りに赤いブツブツ出現。発疹はあれよあれよという間に、全身に広がり、内科を受診。

「りんご病が流行っているから、りんご病かもね」との診断を受ける。

「ウィルス検査をしても、結果が出るころには治っているだろうから、しません。あと4~5日で回復するんじゃないかな」とのことでした。

写真は、腕のブツブツ。顔から足首までブツブツ。

七日目、熱は無く、目まいもマシになってきた。

相変わらず、全身に赤いブツブツ。体調が良くなり、幼稚園に娘を迎えに行けるようになった。(りんご病は、赤いブツブツが出るころには感染力がない。発熱前に感染力が強い)

八日目。全身の赤いブツブツが消えたけれども、全身がかゆい

「カッッユッ! カユカユカユカユ!」

とにかくかゆい。

九日目。全身がかゆい。ひたすらかゆい。かすかに頭がフラフラするけれども、家事はいつも通りできる。ブログを再開する余裕も出てきた。

全身がむくんでいて、目がいつもより小さい。指輪がきついので外そうとしたら、指のむくみで抜けない。石鹸でヌルヌルにしてようやくはずせた。

明日も、たぶん、かゆい。

(追記・・・再び全身筋肉痛と、38度の発熱。いつ治るの~!? ツライわぁ。もう発症して11日目よ・・・)

(追記2・・・発症して12日目。解熱したけれども、ついに手指に関節痛が! 大人の頬には発赤が出ないらしいけれども、ぷつぷつと複数の発赤が両頬に出現)

(追記3・・・発症して14日目。不愉快な症状が消え、やっと治った)

 

 


予防と治療

  • ワクチンなし
  • 治療薬なし

一般の風邪と同じように感染予防をし、かかった場合は自分の免疫力で治すしかありません。

 

医師は対処療法として、熱が高い場合は解熱剤、かゆみが強い時は抑える薬を出してくれるようですが、私はお薬を飲むのがあまり好きじゃないので、何ももらいませんでした。

 

発熱時の頭痛と全身筋肉痛が、インフルエンザのようで辛かったのですが、解熱後の目まい、かゆみがツライ!

 

カユッ、カユカユカユ! (゚´Д`゚)゜

 

全身が、ふとした瞬間にかゆい! (妖精さんが痒みパウダーを、エイッ、ソレッと、いろんなところに不意打ちでかけてくるようなかんじ)

 

外出している時に、尻が痒くなったら、どうやって掻けばいいんだっ!? (´;ω;`)ブワッ

 

人によると激烈な関節痛で歩けなくなったり、鉛筆が持てなくなったりするようです。まだ、かゆいだけマシなのかしら。

 

私が住む川崎市では、現在、伝染性紅斑(りんご病)は4番目に流行っているようです。

 

おそらく、娘か、娘のお友達から感染したのでしょうが、娘は風邪のような症状があったものの、ほっぺが真っ赤になることはありませんでした。(ちょっと顔に赤いブツブツが数個出たくらい)

 

日本では、幼児で10%、成人では半数に抗体があるので、ほとんどの人がかかるウィルスのようです。

 

感染しても症状が出ない「不顕性感染」が約20%に見られ、発症しても軽く済むことが多いのですが、大人がかかるとかなりツライ症状が出るので、お気を付けください。

 

ああっ、かゆいわ~~~! 。・゚・(ノД`)・゚・。

 

 

当ブログ記事をご覧になった大人のりんご病経験者の方々が、コメント欄に詳しく症状を残してくださったので、ぜひご覧ください。

 

関連記事

→→【子供のアトピー性皮膚炎】 マヨネーズ、駄菓子、揚げ物を断って、症状が改善した娘。アトピーの原因は油?

→→脂腺母斑(しせんぼはん)の日帰り手術を受けてきました。手術料金、県民共済の保険請求について

→→【ななめ親知らずの抜き方】 親知らずが虫歯じゃなくても抜いた方が良いらしい。抜歯後の痛みは薬でコントロールできる

→→夫に突然、異変が!!!  椎間板ヘルニアと、坐骨神経痛について。一度目の入院。