【レンタカーの手続き】無料でETCカードをもらえるクレジットカードと、お得な予約方法

さて、タイムズカーシェアについて前回記事にしましたので、今回はレンタカーについてです。

 

 

レンタカーを借りる時、持っていく物はだいたい「運転する人全員の運転免許証」くらいです。

 


 

高速道路を利用する場合、割引があるETCカードは必須です。

クレジットカード会社に申請すると、送ってくれますが、到着するまで1週間から2週間かかります。

カード会社により、ETCカード発行手数料が有料のところと、無料のところがあります。

 

年会費無料、ETCカードも無料で発行してくれるカード会社でオススメなのはイオンカードセレクトです。(私も持ってる♪)

イオンネットショップ・全国のイオン店舗で20日、30日は5%オフで買物ができ、ときめきポイントもたまります。



 

当日レンタカー営業所に行っても、車両がない場合がありますので、必ず予約しておきましょう。

インターネット、電話、直接来店・・・いろんな予約方法がありますが、私はじゃらんの割引クーポンの発行やキャンペーンを事前に調べて予約しています。

早めに予約すると、車のクラスも選べるし、禁煙車も選べます。

チャイルドシートが必要な場合、同時に予約しておきましょう。

 

注意!!!
アレルギーっ子はレンタルチャイルドシートに注意が必要です。
我が家の娘は卵アレルギーがあり、レンタルチャイルドシートで顔に発疹が出ました。
心配な方は、自分達でシートを用意するか、レンタル営業所に「アレルギーがあるのでお掃除は念入りにお願いします」と連絡しておきましょう。

 

 


キャンセルする場合は、お早めに!

6日前からキャンセル料金が発生します。出発が近づくにつれて、キャンセル料金も高くなっていきます。

(キャンセル料金の例)
乗車日の7日以前 ⇒ 無料、
乗車日の6~3日前 ⇒ 基本料金の20%、
乗車日の2日前および前日 ⇒ 基本料料金の30%、
乗車日当日以降 ⇒ 基本料金の50%

 

 


当日の流れ

予約申込者が、店舗に車を取りに行きましょう。
運転免許者全員の免許証(+会社によっては保険証等必要)を持参しましょう。
予約申込者のサインだけで済む会社もあれば、全ての運転者のサインが必要な会社もあります。事前に電話などで確認したほうが良いです。

②貸し出し手続きで、保険の話、事故時の話、返却時の注意点などされるので、よく聞いておきましょう。
返却するときは、ガソリンを満タンにする必要があります。返却営業所付近のガソリンスタンドをきいておきましょう。

③店員さんと、借りる車のボディに傷がないか、チャイルドシートの設置がちゃんとされているか確認します。
車の操作についてわからないことがあったら質問しましょう。(車内には説明書も入ってます)

 

 

鍵を受け取り、座席やミラーの位置や空調を調節し、カーナビをセットして出発です。

 返却時の手続き

必ず返却時間内に、返却場所へ返しましょう。

 

①家に戻って、家族と車の荷物を降ろします。
自分達が所有しているチャイルドシートも、この時はずしておきましょう。
車内にゴミがある場合、自宅で処分しましょう。

 

②返却レンタカー営業所近くのガソリンスタンドで、ガソリンを満タンにします。
レシートは、返却時に提出するので捨てないで持っておきましょう。
ガソリンを満タンにしないで返却した場合、使用したガソリン量プラス追加料金を、返却店舗で払うことになり、損をします。自分で、ガソリンを満タンにしましょう。

 

「レンタカーだから、きっちり満タンにしなくていいよね。メーターがFULLになってたらいいよね。そのほうが、お得だもん」だなんて考えは、やめてください。

 このようなやり方でガソリンを補充した場合、次の利用者が余分なガソリン代を負担することになります。「自分さえよければそれで良い」という考え方は、やめましょう。

 

③営業所で車の返却をします。
車に傷がないか、店員さんと確認作業を行います。
追加のお金がある場合、ここで支払います。

④旅の余韻に浸りながら、自宅へ帰りましょう。