タイムズのカーシェアリング。ガソリン代無料! 入会、料金、利用方法

我が家が利用するのはタイムズ カーシェアばかり。

理由は「帰省先や、現在住んでいるところで、カーシェアリングのステーションを持っているのは、いつもタイムズばっかりだから」です。

 


 

一度、ご自分の住んでいる近くに、カーシェアリングのステーションがないか検索してみてください。

 

都市部ならけっこうあるはずです。

 

 

会員カード一枚で、日本全国のタイムズカーシェアが即時利用できます。

 

入会方法

4つの入会方法があります。

①営業所に行って、即日入会
②インターネット入会
③カーシェア説明会
④無人入会機

 

現在、入会時にカード発行料1,550円(1人/1枚)を1回だけお支払いいただきます。

営業所と、無人入会機は場所が限られているので、たいていの人はインターネット入会になるかなと思います。

最短5営業日で会員カードが発行されます。

 費用について

タイムズ カーシェアは携帯電話みたいに「月額基本料 1030円」がかかります。

個人入会だろうが、夫と二人で家族入会だろうが、基本料金はかわりません。一ヶ月に一度も乗らなかった場合でも、かならず1030円の支払い義務があります。

けれども、これは、利用料金に回せるんです。

くだけて説明すると、
「毎月1030円かかるんですけど、1時間15分タダで乗れますよ」
てことです。

 

我が家は、運転練習利用や、ちょっとした買物で、毎月1時間は必ず借りています。

この利用で一ヶ月の料金は、基本料金+利用料を併せて、1030円です。

 


利用料金

6時間パック 4,020円
12時間パック 6,690円 16円/km
24時間パック 8,230円
36時間パック 12,000円
48時間パック 14,000円
60時間パック 20,000円
アーリーナイトパック(18:00~24:00) 2,060円
レイトナイトパック(24:00~翌9:00) 2,060円
ダブルナイトパック(18:00~翌9:00) 2,580円

 

一番お安くて、一番小刻みなショート利用ですが、料金体系が「ベーシック」と「プレミアム」の二種類あります。

 

・ベーシックはデミオ、スウィフト、プレマシー、ノート、ソリオ、マーチ、ヴィッツ、プリウスなどです。
これが15分毎に206円。

 

・プレミアムは、BMWとかMINIとかのちょっとお高い車両です。こちらは15分毎に412円かかります。

 

でも、ベーシックだろうがプレミアムだろうが、パックで借りると同じ料金です。

 

パック料金はお得ですが、パック料金+パック料金の組み合わせはできません

 

けれど、パック料金+ショート料金の組み合わせは可能です。

 

7時間借りたい場合は、6時間パック+ショート1時間の利用で、4020円+824=4844円になるわけです。

 

どの料金プランを選ぶかは、その時の利用内容によりますが、ややこしいのがパック料金の「1kmあたり16円の加算」ってところ。

これは、グーグルマップに「ルート検索機能」があるので、車で目的地まで何キロメートルかかるのか調べてからのほうが良いです。

案外、距離料金のかからない組み合わせ(6時間パック+ショート料金)のほうが、安くつく場合があります。

 

また、カーシェアリングの最大の利点は、ガソリン代金、洗車料金、車両メンテナンス費用がかかりません。


付け足していうと、駐車場料金も、保険も、ロードサービスとの契約、車検、税金などなど・・・必要ありません。

 

かかる費用は、月額料金1030円+利用した料金のみです。

 


保険について

基本の保険代金は料金込みなので必要ありませんが、別にTCP安全補償サービス(1利用につき309円)をつけられます。

事故時のNOC、タイヤの実費に加え、バッテリーあがり、キーのインロック、ガス欠、それに関わる搬送(レッカー等)の費用が免除となります。

私は毎回、TCP安全補償サービスをつけて利用しています。

何かあってからでは遅いですからね・・・。

節約するところは節約して、必要なところは手厚く、です。

このあたりは、人によって価値観がわかれるところです。

 

注意ポイント

当たり前ですが、駐車違反は厳禁です。 ペナルティがつきます。

カーシェアリングは他会員との共有ですので、返却時間内に必ず返し、ゴミは持ち帰り、綺麗に使いましょう。ペットを乗せるのは禁止、禁煙です。

 

返却時間に返さなかった場合、「無断延長料金」が15分単位で加算されます。

無断延長料金は、普段のショート料金の2倍の金額です。

トラブル回避のため、予約するときは延長しないように、長めに予約しておきましょう。

 

2時間利用する予定なら、3時間予約しておくほうが良いです。

 

かりに2時間10分で返却できたとしたら、その時の利用料金は2時間10分だけで、予約した3時間分の課金になりません。

 

もし仮に、走行中の車内で「あー、渋滞にはまっちゃった! 返却ステーションまであと30分くらいかかっちゃう。あと10分で返却しなきゃならないのに」となった場合でも、大丈夫。

カーナビのメニューで「延長」できます。

注意:次に借りる人がいない場合に限ります。

 

 

そしてごく当たり前のことですが、運転登録者以外は、運転してはなりません。

未登録者は、保険の対象外です。

 

以前、未登録者が運転し、死亡事故が起きたそうです。
(おそらく友達が運転していたのではないかなと思います)

 

保険は一切出ません。

 

便利なサービスですが、正しく利用しましょう。

 

記事が長くなったので、タイムズのカーシェアリング②に続きます。

 

 



24時間、全国のステーションの車をネットで予約!
ガソリン、保険代込みの料金体系で、お得なカーシェアリングライフを!