ママ鼻水トッテ、ハナキューチャンU。 使ってみた比較と説明

寒くなってきました。

我が家の小学生の息子と、1歳の娘は風邪ひき中。

一人目の子供は幼稚園に入園するまで風邪しらずだったけど、二人目の子供である娘は、よく風邪を引きます。

お兄ちゃんの咳やくしゃみからうつるんでしょうね。

 

1歳児で困るのが、鼻水。

大人みたいにティッシュでチーンができませんから、ダラダラ鼻水を流すし、おっぱい吸う時に呼吸ができなくて苦しそう。

ズ・・ズズズ・・・ンギャーーーッ!

って、おっぱい吸いながら怒り泣きです。

 

そんな時に活躍するのが、鼻水吸引器。

我が家では、ママ鼻水トッテと、ハナキューチャンUの二つを使用しています。

 

 

メリット
・安い
・小さい
・どこでも・いつでも使える

 

デメリット
・親の吸引のみなのでしんどい
・風邪のばい菌がうつりそう

この欠点さえなければ、非常に良い子育てグッズです。

こんな感じで小さいので、どこにでも持っていけます。
鼻水を吸う前に、チューブに水を通しておくと、後で掃除がしやすいです。

 


鼻に当てると子供が泣くので、内股に挟み込んで鼻水吸引。

ズズズズズズズズズズ・・・・

「んぎゃーーーーーーーーっ!!」

 

 


この様に分解できるので、洗浄が簡単です。

 

 

 

メリット
・よくとれる
・掃除機だから、しんどくない
・洗いやすい

 

デメリット
・掃除機がないところでは使えない
・掃除機を出したり片付けたりが面倒くさい
・夜中に使えない(我が家はマンション生活なので、生活騒音には特に気を使っています)
・商品価格が高い


分解した状態。ケース保管です。

チューブが、ママ鼻水トッテ[吸引器 鼻水対策]より、太くて短いです。

 

組み立てるとこんな感じ。
掃除機のノズルに装着します。

がっちり装着ではなく、本当にパコッとはめただけなので、手で押さえておかないとポロリと取れます。

 


またまた、股の間に挟みこんで、掃除機威力「強」で吸引。

ブイーーーーーーーーーーーーーン

「んぎゃーーーーーーーーっ!!」

さすが掃除機、よくとれます。

コツは、お鼻ノズルをユサユサゆすりながらとることです。

角度を変えてやると、鼻水がズボッととれます。

 

戸建てなら夜中でも使えますが、集合住宅は騒音トラブルになると思います(夜中に掃除機マックスで吸引ですからね・・・)。

 

好みによるのかなーと思いますが、どちらも一長一短あります。

はやく風邪治ると良いなー。