余ったり書き損じた年賀ハガキは、手数料を払えば、切手やはがきに交換してもらえます。

 

3等のお年玉切手シートが当たっていたので、早速もらってきました♪

カワイイ。

 

ついでに使わなかった年賀はがきが3枚と、書き損じが1枚あったので、窓口で一枚あたり5円の手数料を払って、52円切手に換えてもらいました。(官製ハガキにも換えてもらえます)

また、ユネスコユニセフチャイルド・ファンド・ジャパンでは、書き損じ又は未使用のままの、年賀状とハガキを募金として受け付けています。

そのまま持っていたのではモッタイナイので、窓口で交換してもらったり、寄付してみてはいかがでしょうか。

 

 

 


ついでに窓口でかわいい切手シートを買ってきました。

右に映っているのは、普通の52円切手。左に映っているのは、10枚1シートで売っているもので、シールタイプの52円切手です。

 

 

 


こちら、以前買った和食切手。

10枚セットで買ったけれど、残り4枚になってしまった・・・。

もう1シート買っておけば良かったな~。

 

 

野菜の切手なんかもすごく可愛かったんですけど、もう取り扱っていませんでした。

電子メールでの文章のやり取り、写真のやり取りはもちろん出来るのですが、遠方に住んでいる実家と義実家に、年に2回ほど、写真と子供の行事を録画したDVDを、手紙を添えて送っています。

定形外郵便で送るので、切手を複数貼り付けて送るんですけど、可愛い切手をペタペタッと貼って送ったら喜んでくれるんじゃないかな~と思って、時々窓口で「コレはカワイイな」と思った切手を買います。

 

直筆でのやり取り、郵便物でのやり取りが少なくなっていると言われますが、やっぱり手書きってすごく温かくて良いです。

 

あと20年~30年経って、私自身がおばあちゃんになった時も、子供達が、かわいい切手を貼り付けて直筆の手紙を送ってくれたら、うれしいなぁ・・・。

 

 

(追記)
送料がかかるようですが、切手ショップでいろんな切手が買えるみたいです。
私が欲しかった52円の野菜切手も、ネットショップではまだ取り扱いがあるらしい・・・。

 


ダイコン、ネギ、イヨカン、ニンジン。
おもしろいなー♪

 

 

関連記事

→→2017年6月 ハガキ料金が52円→62円に値上げ。切手とハガキの注意点。